インタビュー内容テキスト

あのー、すぐ忘れてしまうので、一応iPadに、あの、いつも入力して、それをまとめて、パソコンに、あの、電送すればいいんだけど、それはやらずに、その、それを見ながら、手の練習、脳の、あー、訓練だと思って打ち直しております。あとは、出掛けるときは、その、さっき言った、あのー、駅探で調べた情報をメモ機能という、メモに入力して、で、何時何分に出るかということをいつも確認して、それで、アラームを掛けて、電車に乗ったら何分後にアラームを掛けて、途中駅を気にせずに、えー、一番、えーっと、疲れが少ないように工夫をしております。

―― あの、高齢の方とかだと、やっぱりその、機械に慣れない方も多いと思うんですけれども。

はい。

―― そういう場合はどうすればいいでしょうかね。

ああ、高齢の方でも、私、新老人の会という、もう75歳以上の方のところで、もう80歳でもちゃんとiPadを使って、絵も描くし、そういうので本人の気力次第。本人が自分は駄目だと思ったら駄目なんですけど、本人がやる気で、そこにサポーターという、何べんでも教えてくれるという、忘れてもいいんですよ、何べんでもしますよと、そういう親切な人がいれば、何回聞いてもいいということがわかっていれば、その、1回で覚えようとせずに、何回でも、あのー、教えてもらえるという安心感があれば使えると思います。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック →

あなたのひと言をどうぞ → ひと言