インタビュー内容テキスト

わたしも、だからアルツハイマーになって、今、今もまだ、あの、まあ、今は、いな、すごくいい、あのー……、いいものができて、できてますから、あのー、えーと…おい。

―― メマンチン?

メ、メ、メマンチン。あ、メマンチンが出たので、あのー、それがだいぶよく、わたしに、まあ最初はすご、すごく、あのー…もう頭が痛いだの、何だのっていうの、あんまり良くなかったんですけども、でも、だんだんまあそのなりに、それなりに、あの、少しずつ少しずつ、あの、して、あの……何とかそこをできるようになったんですね。

―― 最初、お飲みになってたのは、アリセプトですか。

アリセプトですね、最初は、ええ。で、それ、それだけではダメなので、あの、アリセプトだけじゃなくて、それ、そのさい、あの、それプラス、あの、さい、今わたしが飲んでるのは、あの、何?

―― それがメマンチンですか。

それがメマン、メマンチンなんですね。で、それができた、できて、わたしが飲んでっているので、今はあのー、大丈夫ですね。最初は何か、ものすごくこう、何て言うか、あまりこう、よく頭が痛くなったり何かいろんなね、あるんですよね。それがあの、あの、メマ、メマンチンはすごく良く、何か良くなって、それでだいぶ良くなったんですね、わたしも…。それで、ずっともう、これから、もう飲んでってるんですよね。結構良くなって、良くなってます。

―― 良くなってるっていうのは、その、感覚?

感覚。

―― 見えそうで、見えない。

ええ、そういう、そういうのがね、だい、ま、すこ、ま、そんな、十分、十分じゃないんですけど、でも、とにかくわたしは自分1人で、どこ、どこでも行けるし、あの、ま、行くって言うと、ちょっと怒られる、怒られるけど(笑)。ま、大体そのくらいに良くなったということですね。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック →

あなたのひと言をどうぞ → ひと言