インタビュー内容テキスト

―― 奥様との、その関係性っていうのも、病気になられてからはどうなんでしょうか。あまり変わっていない?

いや、全然変わってないですよね。ええ。ねえ、なんつって(笑)。いやあ、変わらないですね。

―― 変わらないですか。

ええ。うん……ま、けんかしたりしますけどね。でも、あんま、最近あまりけんかしないね。

(妻)うん。

うーん、どうなったんだろう、何つって(笑)。ちょっと失礼、なんつって。

―― いや、いや、なるほど。え、もうちょっとこうして、こういう自分のこと分かってほしいとか何か、そういうふうにいらだちを感じたりすることはありますか。

いやあ、もうないですね、そういうことは。うん。いらだちってないね、あんまりね。最近は。君が何かしないとね(笑)。

―― 何かするっていうのはどういうことが。

いやあ、だから、あれなんですね、あのー……わたしが何かしようと思うときに、ひょっと、あのー、やってしまう、いうのがダメなの(笑)。

―― なるほど。

そう。

―― 自分がやろうと。

と思った前に、何かね、言っちゃうんね。でしょ(笑)。

(妻)分かっております。

ま、その辺のとこですね。

―― ああ。そういうとき、何かこう。

そこ、がっとするんですねえ(笑)。

―― その、がっとしたとき、それを何かうまくこう、ご自分で処理するっていうか、そういう方法ってありますか。

いや、どっか行っちゃうんですよ(笑)。ま、でも、行き、行きますけどね、帰ってくる、きますけど。ま、でも最近はもうないですね、そういうのは。うん。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック →

あなたのひと言をどうぞ → ひと言