インタビュー内容テキスト

あのアルツハイマーっていうのは大変だ、なことだと思うんですけど、でも、この一人ひとりの人格があって、で、その中でわたしたちが生き、こう生きて、生きているっていうことを、絶えずわたしが自分に、言い聞かせていると思うんですね。だから、それを皆さんに……分かっていただけれ、ほか、ま、いろんな人が分かってくだされば、あのー、アルツハイマーの人に、に、にとっても、あのー、わたしと同じように分かっていただくことができるんじゃないかな、というふうに思いますね。
アルツハイマーっていうのはもう、それだったらもう、こう、死ん、あの、もうほんとに死、死に、死と同じだというふうに思っている人が多いわけですね、まだ。まだまだ。 で、そのことを…少しでも早く、あのー、これはアルツハイマーでもちゃんと、あのー、生きていくことができるんだっていうことを、わたしが、少なくともわたしが、あの、声、声を出していきたい、というふうに思うんですよね。で、本当に皆さん、か、なんていうか、あのー………こういう病気は本当にどうしようもない、何もできない、そういうことが、ほとん、多くの人がそういうことで、その病気を考えていると思うんですよね。だから、それに対して、わたしは少しでも、わたしの……わたしがそのことに対して、少しでも皆さんに「そうでないんだよ」いうことを、あの…言えることができれば、一番いいのではないかなというふうに思います。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック →

あなたのひと言をどうぞ → ひと言