※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

プロフィール

インタビュー本人05

診断時:59歳
インタビュー時:63歳(2010年9月)
インタビュー家族08 の夫
元脳神経外科医。妻と2人暮らし。2001年頃易しい漢字が書けなくなり下痢も始まり、体の衰弱が激しくなった。2006年に若年性アルツハイマー型認知症と診断を受ける。2007年クリスティーン・ブライデンさんの講演を機にアルツハイマー型認知症であることを公表。ようやく自分の病気と自分自身を受け入れることができた。アリセプトと個人輸入のメマンチンとで病状は安定している。夫婦ともにクリスチャン。

詳しいプロフィールを見る

あのアルツハイマーっていうのは大変だ、なことだと思うんですけど、でも、この一人ひとりの人格があって、で、その中でわたしたちが生き、こう生きて、生きているっていうことを、絶えずわたしが自分に、言い聞かせていると思うんですね。だから、それを皆さんに……分かっていただけれ、ほか、ま、いろんな人が分かってくだされば、あのー、アルツハイマーの人に、に、にとっても、あのー、わたしと同じように分かっていただくことができるんじゃないかな、というふうに思いますね。
アルツハイマーっていうのはもう、それだったらもう、こう、死ん、あの、もうほんとに死、死に、死と同じだというふうに思っている人が多いわけですね、まだ。まだまだ。 で、そのことを…少しでも早く、あのー、これはアルツハイマーでもちゃんと、あのー、生きていくことができるんだっていうことを、わたしが、少なくともわたしが、あの、声、声を出していきたい、というふうに思うんですよね。で、本当に皆さん、か、なんていうか、あのー………こういう病気は本当にどうしようもない、何もできない、そういうことが、ほとん、多くの人がそういうことで、その病気を考えていると思うんですよね。だから、それに対して、わたしは少しでも、わたしの……わたしがそのことに対して、少しでも皆さんに「そうでないんだよ」いうことを、あの…言えることができれば、一番いいのではないかなというふうに思います。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック

あなたのひと言をどうぞ

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

array(1) { [0]=> object(WP_Term)#11107 (17) { ["term_id"]=> int(121) ["name"]=> string(30) "本人からのメッセージ" ["slug"]=> string(7) "message" ["term_group"]=> int(0) ["term_taxonomy_id"]=> int(121) ["taxonomy"]=> string(8) "category" ["description"]=> string(0) "" ["parent"]=> int(13) ["count"]=> int(15) ["filter"]=> string(3) "raw" ["term_order"]=> string(1) "5" ["cat_ID"]=> int(121) ["category_count"]=> int(15) ["category_description"]=> string(0) "" ["cat_name"]=> string(30) "本人からのメッセージ" ["category_nicename"]=> string(7) "message" ["category_parent"]=> int(13) } }
同じテーマの語りを見る