※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

インタビュー時:43歳(2019年11月)
関係:娘(実母、祖母を介護)
診断時:母62歳、娘38歳、祖母88歳(3人家族)

20年ほど前に、娘(一人娘)は起業し実家から独立した。2015年頃から母の異常行動に悩まされ、ピック病を疑うも、母の激しい抵抗に遭い受診させることができなかった。ほどなく母は万引で警察に保護され、起訴・裁判を経て、前科一犯となった。裁判後に入院した病院の精神科で、前頭側頭型認知症で大脳皮質基底核変性症*の疑いがあると診断された。そのような中、祖母が2019年の夏に脳梗塞で倒れて認知症が進み、現在は、母と同じ特別養護老人ホームに入居している。
難病支援センター「大脳皮質基底核変性症」の項を参照

一番最初におかしいなと思ったのが、えー、えー、2011年の、あの、3月の地震のときに、あの、「大丈夫?」っていう、あの、電話をしたんですね。で、ま、世界中、あ、日本中がものすごく大変なときに、その、うちの母の答えが、あの、「あなたにかわいいぬいぐるみを買ってきたんだけど、要る?」って言われたんですね。で、こんな大変なときにぬいぐるみの話なんかするの?ってちょっと思いました。

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

認定 NPO 法人「健康と病いの語りディペックス・ジャパン」では、一緒に活動をしてくださる方
寄付という形で活動をご支援くださる方を常時大募集しています。

ご支援
ご協力ください

モジュール一覧