※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

インタビュー時:43歳(2019年11月)
関係:娘(実母、祖母を介護)
診断時:母62歳、娘38歳、祖母88歳(3人家族)

20年ほど前に、娘(一人娘)は起業し実家から独立した。2015年頃から母の異常行動に悩まされ、ピック病を疑うも、母の激しい抵抗に遭い受診させることができなかった。ほどなく母は万引で警察に保護され、起訴・裁判を経て、前科一犯となった。裁判後に入院した病院の精神科で、前頭側頭型認知症で大脳皮質基底核変性症*の疑いがあると診断された。そのような中、祖母が2019年の夏に脳梗塞で倒れて認知症が進み、現在は、母と同じ特別養護老人ホームに入居している。
難病支援センター「大脳皮質基底核変性症」の項を参照

うーん。…私一人っ子なんですけど、あのー、ほんとに、あの、母がもうずっと美容室経営してたので、あの、何て言うんだろう、変な意味ではなくて、あんまり構われてなかったんです。ま、あの、愛されて育っていますけど、そんなに、あの、普通の一人っ子さんとは違う。ま、要するに何でも一人でやりなさいっていう感じの母だったんですね。
なのに、30後半にもなって何で今さらこんなに構われるんだろうと思う。とにかくもう自分の、あの、職場に、…あの、時間、日にち構わず来て、来ては「ご飯一緒に食べよう」って言われると、「何なの?」って思う(笑)。うん。で、私も、あの、婚礼美容師をしていて、結婚式のお嫁さんをつくったりしてるんですけど、その、お嫁さんをつくる仕事、ま、ものすごく大変で忙しいんですけど、そこに、あの、「お母さんでーす」って、あの(笑)、で、私のことを呼び出すんですけど、その会場の人たちは、お母さんがわざわざ来るなんて何があったんだろうって大騒ぎをしてしまうわけです、みんな忙しいのに。で、「何?」って行くと、「ご飯食べよう」って。「何言ってるの?」って(笑)、「お母さんもう帰ってよ。お母さんだってお店あるでしょう」って言っても、「お母さん、今日暇だから」って言って、「もう私そういうことしてる場合じゃないの」っていうのをもう言って、無理やり帰すんですけど、それがほぼ毎日。

そのときは私ももう、どうしたらいいか分からなくて、毎日、その、自分と親の、その、縁を切るにはどうしたらいいかっていうのを検索していました、ずっと。
…で、ちょ うどそのとき仕事の関係で、例えば、あの、沖縄での仕事っていうのがあって、で、私はこのまま沖縄に行って仕事をすれば、母につきまとわれることはないと思って、で、沖縄に逃げようと思いました。…それもう、とにかく母に毎朝、え、毎朝、朝、昼、夜、電話が来てっていう状態から逃げたくって、で、ま、ほとんど母とは顔を合わせてない状態だったので、ま、その間にものすごく、ま、ひどくなったんだろうなと思ってるんですけど、うん。
…だから、私もちょっと母から逃げないで、うーん、ちゃんと向き合えば良かったんだなと思っています。…うん。

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

認定 NPO 法人「健康と病いの語りディペックス・ジャパン」では、一緒に活動をしてくださる方
寄付という形で活動をご支援くださる方を常時大募集しています。

ご支援
ご協力ください

モジュール一覧