※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

インタビュー時:43歳(2019年11月)
関係:娘(実母、祖母を介護)
診断時:母62歳、娘38歳、祖母88歳(3人家族)

20年ほど前に、娘(一人娘)は起業し実家から独立した。2015年頃から母の異常行動に悩まされ、ピック病を疑うも、母の激しい抵抗に遭い受診させることができなかった。ほどなく母は万引で警察に保護され、起訴・裁判を経て、前科一犯となった。裁判後に入院した病院の精神科で、前頭側頭型認知症で大脳皮質基底核変性症*の疑いがあると診断された。そのような中、祖母が2019年の夏に脳梗塞で倒れて認知症が進み、現在は、母と同じ特別養護老人ホームに入居している。
難病支援センター「大脳皮質基底核変性症」の項を参照

警察の方に保護される前に、あのー、チョコレートとか、あとは何か大福、あんことか、そういう甘いものが冷蔵庫に満タンに入っていて、…甘いものをとにかく1日にものすごい量食べ、食べてたみたいです。うちの祖母も「おんなじものばっかり買ってきて」って、「で、私には一つもくれない」っていうのを言ってましたね(笑)。
もともと母はそんなに甘いものを食べるほうではなくて、あの、よくアーモンドチョコレートをその一箱を何日もかけて食べ切る。ま、1日1粒、2粒ぐらい、ぐらいしか食べなかったんですけど、冷蔵庫開けたときに、あの、結構大きな冷蔵庫なんですけど、そこにチョコレート、大福、それから、…ま、えー、生クリームの入った何かケーキ類っていうんですか、シュークリームとか、そういった甘いものがたくさん入ってました。もう賞味期限も切れてるものとかもたくさんあって、うん、…明らかに食の好みも変わっていたみたいですね。

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

認定 NPO 法人「健康と病いの語りディペックス・ジャパン」では、一緒に活動をしてくださる方
寄付という形で活動をご支援くださる方を常時大募集しています。

ご支援
ご協力ください

モジュール一覧