インタビュー時:76歳(2020年6月) 
関係:妻(夫を介護) 
診断時:夫67歳、妻65歳

共働きで夫婦2人暮らし。夫は50歳で1型糖尿病と診断され、56歳で退職した。67歳、糖尿病教育入院時にはアルツハイマー型認知症、翌年、画像診断で前頭側頭型認知症と診断された。血糖値不安定のまま、70歳前後で弄便(ろうべん)や不潔行為、昼夜逆転が始まった。親身になってくれたデイサービス施設が小規模多機能型居宅介護施設になったことを機に、看取りまでをお願いした。腎機能低下により76歳で逝去。

語りの内容(テキストのみ)

お風呂も汚くして出るもので、「これは何? これ浮いてるのは何なの」って言ったら、「風呂のあかだろう(実は便)」って(笑)。言うことがいいので。ほんとにねー、「何よ」ってひっぱたいてあげたくなるような感じだったですけど。そういうようなことで。必ずそれで、何か、そういう時にまあ、自分の部屋にこう、戻って扉を閉めて、何だかんだ部屋で言ってるんですよね。自分の名前を呼んだり。誰かのえー、連呼するんですよね。O君、O君とか、9階、9階とか。何だかんだつって、自分でその何だろう、忘れちゃいけないような何か、おかしいっていうことも分かっているんでしょうね。頭にしょっちゅう手がいくし。どういうふうにおかしいんだっていうことが説明できない。

それで、「T.M.、T.M.」(自分の名前)とかって。その頃からかな、私の名前がその連呼の中に入るようになったんですよね。「Y.M.、Y.M.」。私の名前が入ったって(笑)。何かね、多少何かがあったんでしょうね、やっぱりね。私しかいないから、日曜日とかそういうような時は、デイサービスがまだない時には、私が立って歩くと、何だかんだって私の後ろをくっついて歩いたりね。

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

認定 NPO 法人「健康と病いの語りディペックス・ジャパン」では、一緒に活動をしてくださる方
寄付という形で活動をご支援くださる方を常時大募集しています。

ご支援
ご協力ください

モジュール一覧