インタビュー時:76歳(2020年6月) 
関係:妻(夫を介護) 
診断時:夫67歳、妻65歳

共働きで夫婦2人暮らし。夫は50歳で1型糖尿病と診断され、56歳で退職した。67歳、糖尿病教育入院時にはアルツハイマー型認知症、翌年、画像診断で前頭側頭型認知症と診断された。血糖値不安定のまま、70歳前後で弄便(ろうべん)や不潔行為、昼夜逆転が始まった。親身になってくれたデイサービス施設が小規模多機能型居宅介護施設になったことを機に、看取りまでをお願いした。腎機能低下により76歳で逝去。

語りの内容(テキストのみ)

(平成)27年から、成年後見の申請をしたんですよね。その時に私も、登録はしてたんで、できたら私にっていうつもりで裁判所に行ったんですけども、「家族の人は駄目」*ってもう頭ごなしなんですよね。それで、弁護士に、させるっていう話で。不服なんですが取り下げはできないっていう話で、それっきりになってそれで、やったんですが。成年後見ではその1年、自分がうちの家計を全部きれいにして報告をして。通帳も全部出しますから通帳の写しで、送ってもらって。それで、家計簿を集計して送ってたんですよね。それは、弁護士さんがそれを集計して、1年間集計して裁判所に報告。1年目の時に、通帳から引かれてたんですよね。何十万かがね、勝手に。それを見て、私が怒って弁護士に「何ですか、これは」っていう話。本人に勝手にっていうことは、本人は分からないからどうしょうもないかもしれないけど、家族です。家族がいるのになぜ一言も、断らないんですか。
これは、通帳を見れば、通帳の名義は、いっときでも弁護士の名義になってるんですよね。それだからどうにでもなるんですよね。それ自体は、ま、仕方がないことかもしれませんけども。だからといって家族がいるのに、分かってるのに勝手に、下ろしていいものですか。それ、一般の人の、常識じゃ考えられないことだって30分以上話をして。で、じゃあ本人に断りますかっていうから、本人に断って分かるんだったら成年後見いらないつって。わけの分かんないことを言う。それで、私は引き下がらなかったら、結局はその裁判所の、決定通知っていうのがあるんですよね。それで、手当は幾らでいいというような裁定が出るんですよね。それのコピーを送ってきたんです。で、実費運賃もやりますかって言うから、切手とか足代はそれはかかったもんだから、私のほうでも大体分かるからそれはいらないですけど。通帳から勝手に下ろさないでください。ほんとに頭へ来たんですよね。そういうことをされてみんな我慢してるっていうことがあるんじゃないかと思うんですよね。たいしたことされてないのにね。財産管理をしてるっていうことなんですけど。財産管理は、全部送ってますけども、日常の生活費の、計算は全部私がやってるし。それで、出してはいる。
なぜ成年後見やったかっていうと、そういうことも見込まれてはいたんですけども私は子どもがいないんで、もし仮に相続が発生すると、向こうの本人のきょうだいに行くんですよね、ちょっと公にしておいたほうがいいかなっていう感じがあったんで。ちょっと手ごわい人たちだったんで。それをやっといたんです。そういう意味でね。だけどまあそういう、毎年毎年、手当が引かれてるっていうことが、そういうことがあって。一つありましたけども。まあ、それはそれで成年後見は立てた、意味は一応ありました。

*家庭裁判所では、申立書に記載された成年後見人等候補者が適任であるかどうかを審理します。その結果、候補者が選任されない場合があるとされています。(参考:裁判所 裁判手続き 家事事件Q&A 第11 成年後見人には必ず候補者が選ばれるのですか。 ) この女性の場合、被後見人と後見人候補者の生活費がもともとはっきり分離されていないような場合に該当する可能性が考えられます(参考: 家族信托と相続「親族が後見人になれない13の例」

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

認定 NPO 法人「健康と病いの語りディペックス・ジャパン」では、一緒に活動をしてくださる方
寄付という形で活動をご支援くださる方を常時大募集しています。

ご支援
ご協力ください

モジュール一覧