インタビュー時:76歳(2020年6月) 
関係:妻(夫を介護) 
診断時:夫67歳、妻65歳

共働きで夫婦2人暮らし。夫は50歳で1型糖尿病と診断され、56歳で退職した。67歳、糖尿病教育入院時にはアルツハイマー型認知症、翌年、画像診断で前頭側頭型認知症と診断された。血糖値不安定のまま、70歳前後で弄便(ろうべん)や不潔行為、昼夜逆転が始まった。親身になってくれたデイサービス施設が小規模多機能型居宅介護施設になったことを機に、看取りまでをお願いした。腎機能低下により76歳で逝去。

語りの内容(テキストのみ)

食事はまあ、やっぱり食べてももうすぐ忘れてしまって、すぐおなかすいたって。そういうことがあったんで。寝てからも、冷蔵庫の中をあさるんですよね。それで、夜中にあさった跡がまたあって。生の肉のトレーを置いといたら、トレーしかなかった。そんな感じとか。あと、その冷蔵庫の中にあるもの、タッパーの中にあるもの、野菜室。冷凍室のものはそれぞれまあ、袋に入ってるからなかなか、(手を出すことは)なかったんです。あとは、キムチだとか、辛いものはゆずこしょうだとか(そのまま口にして)。紙パックなんかはね、その焼酎が紙パックで売ってますよね。で、それで、買って飲んでた。ビールと合わせて飲んでたんですよね。そういうもので、離せなかったらしい、酒がね。そういうことをしてて、焼酎も少し水で薄めながら飲んでたんです。それもやっぱりだめで(そのまま飲むようになって)。
で、面白いのは、たわしとか、柔軟剤。柔軟剤も口にしていたことあったんですよね。たわしがあったのはびっくりしましたけども。うろうろして、そいで、音がするんで何かと思ったら、トイレで水を飲んだり、もうめちゃくちゃですね。

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

認定 NPO 法人「健康と病いの語りディペックス・ジャパン」では、一緒に活動をしてくださる方
寄付という形で活動をご支援くださる方を常時大募集しています。

ご支援
ご協力ください

モジュール一覧