インタビュー時:76歳(2020年6月) 
関係:妻(夫を介護) 
診断時:夫67歳、妻65歳

共働きで夫婦2人暮らし。夫は50歳で1型糖尿病と診断され、56歳で退職した。67歳、糖尿病教育入院時にはアルツハイマー型認知症、翌年、画像診断で前頭側頭型認知症と診断された。血糖値不安定のまま、70歳前後で弄便(ろうべん)や不潔行為、昼夜逆転が始まった。親身になってくれたデイサービス施設が小規模多機能型居宅介護施設になったことを機に、看取りまでをお願いした。腎機能低下により76歳で逝去。

語りの内容(テキストのみ)

うちは9階にいたんですが、新聞は、1階の新聞受けに入るんです。で、その新聞は取ってくる。ずーっと取ってきてたんで。自分はその、取ってくるんだっていうことが仕事だと思って、エレベーターに乗って取りに行くんですよね。何もない時はそれでいいんですけど、汚れたまんま、朝きれいにしてっていう後ならいいんですが。夜、夕方に夕刊も取ってきて、汚くなった、洋服のまんま行ったり。パンツを脱いでステテコで行ったり。何か着てればまだいいっていうような感じで。もう扉の外は公道ですから。目が離せないっていうか、まあそんなことがあって。

徘徊(はいかい)とかっていうまではないんですけども。とにかくそのー、自分の仕事、新聞を取りに行くってせいぜいね、そういうことなんですけど。それをもう夜の夜中に、1時や2時、3時ごろに出掛けるんですよね。何度でも行くんですよね。それでも、まだ、「新聞屋さん働いてない時間でしょう」って言ったら、言うことがいい。「ちょっと見てくるだけ」って。何かその体裁を整えるのがやっぱり、どう悪くなっても最後までありましたね、そういうことがね。

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

認定 NPO 法人「健康と病いの語りディペックス・ジャパン」では、一緒に活動をしてくださる方
寄付という形で活動をご支援くださる方を常時大募集しています。

ご支援
ご協力ください

モジュール一覧