インタビュー時:76歳(2020年6月) 
関係:妻(夫を介護) 
診断時:夫67歳、妻65歳

共働きで夫婦2人暮らし。夫は50歳で1型糖尿病と診断され、56歳で退職した。67歳、糖尿病教育入院時にはアルツハイマー型認知症、翌年、画像診断で前頭側頭型認知症と診断された。血糖値不安定のまま、70歳前後で弄便(ろうべん)や不潔行為、昼夜逆転が始まった。親身になってくれたデイサービス施設が小規模多機能型居宅介護施設になったことを機に、看取りまでをお願いした。腎機能低下により76歳で逝去。

語りの内容(テキストのみ)

その、前頭側頭型っていうといろんな個人差があって。で、ある人はおしゃべりばっかり。ある人は、鬱で。うちのほうは欝のほうだったんですけどね。で、そうこうしているうちに自分で思うことが口に出せない、行動に出せないってことで手が出たり、大きい声を出したり、そういうことが始まってたんですね。

洗面所でね、まだ(ヘルパーさんを)頼んでない時に洗おうかって、顔も洗わなきゃなんないでって。洗面所に連れて行って一緒に洗おうって言ったら、向こうは洗う気がないのに、私が一生懸命になって洗おうかなんてやってたもんだから、それが気に入らなくて蹴飛ばしたり、その汚い手で私をなぐったり、げんこつが飛んできたり、ほんとにね。近場でしょ、洗面所は。だから私も思い切ってお返ししたりしてね(笑)。そうすると、きょとんとしてるのよね。さっき話ししたことを忘れたっていうことと同じように、体の動きがそういうことも忘れる。忘れるっていうか、意識してないんでしょうね。もう反射的に返してるんですね。

きょとんとして。私がやった時には「痛いな」とか何とか、きょとんとして、「何でこんなことをすんだ」っていうような顔をしてたんですよね。それに対して返しはなかったですね。やっぱりそれで、それきり1回で、私も1回ではちょっと、慣れきれなかったかもしれない。何回かやったんだろうと思うけど(笑)。あ、やっぱり駄目なんだと。やっぱり、記憶とかそういうところには残ってないんだとかっていう感じはね。

そういうことがあるんで。これはちょっと相手にはできないなっていう感じで。そういうことなのかなっていうことで、一つ一つ何か、勉強していくみたいな。私のほうもね。そんな感じで、やってました。

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

認定 NPO 法人「健康と病いの語りディペックス・ジャパン」では、一緒に活動をしてくださる方
寄付という形で活動をご支援くださる方を常時大募集しています。

ご支援
ご協力ください

モジュール一覧