インタビュー内容テキスト

私がね、おかしいなと思ったのは、結局、もの忘れが、あの、始まったころですね。買い物に行って、うん、何を買いに来たか忘れてしまって、ほかの物を買ってきたということがありましてね。それで、自分も少しおかしいと思ったらしくって、ずっと循環器のお医者さんにね、かかってたんですけど、もの忘れが激しいっていうことを申し上げて。そして神経内科かしら、そちらへ、まああの、診察をね、していただいたというようなことで。もの忘れぐらいで、私も年齢的なもの忘れというふうにも考えてましたから、あんまり、こう、重くも思っておりませんでしたね。
あとは、何でしょう。それほど普段では、考えておりませんでした。そのご診察の結果にね、あの、正常圧水頭症というご診断をいただきまして。で、これは、「ほら、ほら、あの歩き方がおかしいだろ」って、お医者さんがおっしゃるんですけど、私にはどうしても普通に見えたの。そうして、これはその、だんだん、あの、認知症が進んで、それから、あの、何、えー、失禁、尿失禁がね、強くなるっていうようなお話をね、先生からいただきましたけども。どうしても、その、歩き方、歩き方っておっしゃるのが、私、不思議に思いましてね。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック →

あなたのひと言をどうぞ → ひと言