インタビュー内容テキスト

―― そうすると、今、ご主人は腰の湿布薬で、認知症に対して何か治療を受けてるっていうことはないですか。

あの、お薬はいただいてますね。

―― ああ。アリセプトか何かですか。

あの、うーん、そう、アリセプトもいただいてましたけど、アリセプトでなく、今は。

―― メマリー?

違いますね。何と言った。私はね。ごめんなさい。薬の名前をね、覚えないほう。

―― あ、でも、認知症のお薬を? メマリー錠とレミニールOD錠?

ええ、お薬で、そうです。そうして、認知症の新しい貼り薬なんていうのもね、やりましたけど。あれは、あの、もう皮膚が元来弱いんでしょうか。すぐにかゆくなったり、真っ赤のあとが大変で、それでそのお薬でなく、あのー、飲み薬にね、していただきましたね。

―― 飲み込みとかは大丈夫ですか。

大丈夫です。誤嚥もいたしませんね。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック →

あなたのひと言をどうぞ → ひと言