インタビュー内容テキスト

うん、人がいたらまだ冷静でおれるんですけど、2人だけのときに、もう延々と「えらい、えらい」言われると、なあ、怒るなあ、「えらい、えらい、言うな」って、うん。

認知症本人(妻):怒るんや。 (一同笑) 怒るんや。どつく。

どつくんのやな。

本人:どつくのや。

近寄るとおびえるんやな。

―― え、どつくってどんな、どんな感じ?

本人:バシンって。

―― へぇ、そんなふうにされるとどうですか。

本人:いやや。夫婦やから、もう夫にそんなことされたら(笑)。

長女:(笑)ラブラブやもんな。

うん。で、それもやっぱり、家族の会で、あの、奥さんがね、認知症の人、たくさんおられるんでやっぱり「そういう時期はある、あった」とか、その、あー、ね、「そんな教科書どおり、本のとおりに優しくはなれへん」とかいうのを聞いてるから。

本人:紅茶もらお。

怒った後とか、叩いた後、余計こっちが、したほうが落ち込んでしまうんですよね、やっぱりね。自分を責めるっていうか、うん。そんなことしたって、何の意味もないのに。でも、もうなあ、怒っとるときはな、もう。

本人:後でごめんねって言う。…後で「ごめんね」言うんですよ。

こっちがカリカリくる、うーん、カッカ、カッカなって怒ってても。

長女:こたえてないもんな。でも。

うん、にやにやするんですよね。で、余計もう「何がおかしいんや」とかって(笑)。なあ。

―― ああ、でも、今なんか、ちょっと表情悲しそうだったけどね。

うん、そやな。怒ると嫌やんな。

本人:怒ると嫌や。

うん、怒らんようにしようと思うけどもな。

本人:○ちゃん(夫)から怒られると一番ガクッとくるんや。○(次女)やらやったら…

まだ。ましなんか?

本人:うん。○(次女)も頭ぽかんてな。

そんな思い切りたたいてへんねんで。

本人:ほっぺ、びゅーんとつかんで。ぎゅうっと握って。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック →

あなたのひと言をどうぞ → ひと言