インタビュー内容テキスト

で、一度、認知症の心配もあるんで、検査して、入院検査してみて、ま、何もなければ安心やから、あの、検査して、入院して検査したらどうですかって言われて、入院したのが23年の2月の15日から3月10日まで。で、そのときに、まあ2人と、本人にも、先生は説明してましたんでね。ま、その、脳、脳の、その、前と横が、えー、黒くなってるっていうか萎縮してるって。…何だかな、あの、ペーパーテストみたいな、あのテストとか。血流の、えー、血流ですかね、あの、画像に出てて、えー、血流の流れないとこ赤く写ったりとか、悪いところは緑色に写ったりとか。*そういうの、いろんな検査してみたら、あのー、前頭側頭型の認知症というふうに診断されたんですよ。

*SPECTでは赤やピンク等の明るい色から緑や青等の暗い色になるにしたがって,血流が低下していきます。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック →

あなたのひと言をどうぞ → ひと言