※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

プロフィール

インタビュー本人02

診断時:58歳
インタビュー時:60歳(2010年4月)
インタビュー家族03 の夫
共働きの妻と息子の4人暮らし。大手小売業の販売促進業務をしていた2007年頃、会社の同僚から物忘れを指摘され、受診する。本人に自覚症状はなし。最初の市立病院では「中等度の若年性アルツハイマー型認知症」、大学病院の専門外来では「軽度」と診断される。その後、配置転換で作業的な仕事に異動し、2009年の定年まで勤め上げた。現在、市立病院と大学病院に通院中。週1、2回家族会で事務仕事を手伝う。

詳しいプロフィールを見る

会社の中でも仕事をしてましたから。別に、あの、完全に、こうすごい大ミスをしたっていう話じゃなくて。ま、ちょっとしたところが、こう抜けてたりとか、そういうようなところですね。でも、自分では一生懸命こう、自分でやった仕事をもう一度、仕事っていうか、ま、書類を作ったり、それをもう一度自分で見て、ちょっとこれもチェックしてくれって、ま、そういうふうに、ちょっと慎重になりましたけどね。あんまり自信を持たずに(笑)。うん、…だから、一度、そうだな、一度よしとしたものも、もう一度見直せ、というふうに何かなりましたね。……それは、やっとけばね、あん、自分も安心して、プレゼンなり、なんなりできると思うんよね。あとは、ま、自分で自信がなければ、まあ同僚に見てもらって、確認してもらうとか。ま、そんなことをするようにしましたけども。ま、それは、普通のね、あの、組織の中でも同じなんですけど。やっぱり、1人の考え方じゃなくて、やはり、ほかの人の考え方もやっぱり、確認するとか、聞いてみるということが、ま、自分のためにも非常に何ていうのかな、あー、言ってみれば視野が広がるみたいなところがあるんだと思うんですね。あー、あんまり自信を持っちゃってもいけないし。あんまり悲観的になってもいけないし。普通の会話の中で、おれこういうふうにやってんだけど、どう思う?というぐらいの軽い感じでね、こう、お互いにコミュニケーションとれると…ま、仕事の面でも、ま、あの、よくなってくるだろうし。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック

あなたのひと言をどうぞ

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

array(1) { [0]=> object(WP_Term)#11181 (17) { ["term_id"]=> int(41) ["name"]=> string(30) "病気と仕事のかかわり" ["slug"]=> string(7) "shigoto" ["term_group"]=> int(0) ["term_taxonomy_id"]=> int(41) ["taxonomy"]=> string(8) "category" ["description"]=> string(0) "" ["parent"]=> int(13) ["count"]=> int(25) ["filter"]=> string(3) "raw" ["term_order"]=> string(1) "1" ["cat_ID"]=> int(41) ["category_count"]=> int(25) ["category_description"]=> string(0) "" ["cat_name"]=> string(30) "病気と仕事のかかわり" ["category_nicename"]=> string(7) "shigoto" ["category_parent"]=> int(13) } }
同じテーマの語りを見る