※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

プロフィール

インタビュー43

診断時:57歳
インタビュー時:60歳(2009年1月)
首都圏在住で、妻と2人暮らし。転倒後、腰痛が取れず、血液検査で骨の病気を疑われ整形外科を受診。骨のがんと言われてがんセンターに紹介されたが診断がつかなかった。知人医師のアドバイスで泌尿器科を受診。2005年8月に進行前立腺がんと診断された。頭蓋骨にまで転移しており、余命1年と言われたが、ホルモン療法、漢方、気功等の東洋医学的治療、サプリメントなど様々な治療を積極的に活用し、現在に至っている。

詳しいプロフィールを見る

――その、放射線を断ったというのは、そういう、その気功の先生からの、放射線はなるだけだったらやめたほうがいいというのが?

いや、「できるんだったら、なるたけなら受けないほうがいいよ」と。だから受けなきゃならない、だから、本当に僕も痛ければ受けるけれども、痛くもないのに何で受けなきゃいけないのかなっていう疑問があった。要するに薬が効かないとか、もうこれしか治療方法がないとかいうんだったら、どうしても受けなきゃいけないと思うんですけども。だから、そうじゃなくって、それまでに数値が、だから上がれば、ね、これ以上、もうこうだったら受けなきゃまずいですよとかね、うん、そういうものがあるんだったら。それ以外に何か方法がないんじゃないかなというんだったらね、受けますけども。
要するに、放射線は、あのー、ね、60から70何だっけ? 60から70、単位があるんですね。

――グレイですかね?

うん、グレイが。それの単位で1ヶ所に1回は打てるけども、その箇所には打てないけれども、どこの、場所が違えば打てると。でも、普通の一般的な感覚だと、放射線を受けたら、一度っきゃ受けられないような、感覚になりますよね。だから、だったら、大切に取っとこうと。でも、よく聞いたら、60から70グレイの単位でこう放射線を打つんだけれども、同じ場所じゃなければ別に2、3回、4回ね、打つことできるんだよっていうことが、まず分かったと。でも、別に何も痛くも何ともないんだったら、めたらやったらに打つ必要じゃないんじゃないかなと思って。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック

あなたのひと言をどうぞ

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

array(1) { [0]=> object(WP_Term)#12177 (17) { ["term_id"]=> int(87) ["name"]=> string(33) "前立腺がんの進行と治療" ["slug"]=> string(7) "shinkou" ["term_group"]=> int(0) ["term_taxonomy_id"]=> int(87) ["taxonomy"]=> string(8) "category" ["description"]=> string(0) "" ["parent"]=> int(67) ["count"]=> int(19) ["filter"]=> string(3) "raw" ["term_order"]=> string(1) "1" ["cat_ID"]=> int(87) ["category_count"]=> int(19) ["category_description"]=> string(0) "" ["cat_name"]=> string(33) "前立腺がんの進行と治療" ["category_nicename"]=> string(7) "shinkou" ["category_parent"]=> int(67) } }
同じテーマの語りを見る