※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

プロフィール

インタビュー43

診断時:57歳
インタビュー時:60歳(2009年1月)
首都圏在住で、妻と2人暮らし。転倒後、腰痛が取れず、血液検査で骨の病気を疑われ整形外科を受診。骨のがんと言われてがんセンターに紹介されたが診断がつかなかった。知人医師のアドバイスで泌尿器科を受診。2005年8月に進行前立腺がんと診断された。頭蓋骨にまで転移しており、余命1年と言われたが、ホルモン療法、漢方、気功等の東洋医学的治療、サプリメントなど様々な治療を積極的に活用し、現在に至っている。

詳しいプロフィールを見る

不安はだから、10年後にこの薬が効かなくなったときに、もしかしてなるのかなとかね、不安、不安って言っていいのかな、もうある程度効かなくなるものだと認識をしながら、じゃ、次の治療をどうやって考えとこうかなって。そのときには放射線も受けることもね、判断に入れなきゃいれないし、また、リュープリンも注射もまた打たなきゃいけないだろうかもしれないし、その辺はあんまり難しく考えないで、なったらなったときにまたそのときに考えて対策を練ろうと。先の先まで心配してたら疲れちゃうから。

――もう、なったらなったで。

ええ、そう、もう、神さまがそういうふうにしてくれたんだから、感謝としてこういう忠告を受ければいいかなと。そのぐらいでいいかなと、うん。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック

あなたのひと言をどうぞ

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

array(1) { [0]=> object(WP_Term)#12120 (17) { ["term_id"]=> int(86) ["name"]=> string(42) "治療経過にともなうPSA値の変化" ["slug"]=> string(8) "psahenka" ["term_group"]=> int(0) ["term_taxonomy_id"]=> int(86) ["taxonomy"]=> string(8) "category" ["description"]=> string(0) "" ["parent"]=> int(67) ["count"]=> int(17) ["filter"]=> string(3) "raw" ["term_order"]=> string(1) "0" ["cat_ID"]=> int(86) ["category_count"]=> int(17) ["category_description"]=> string(0) "" ["cat_name"]=> string(42) "治療経過にともなうPSA値の変化" ["category_nicename"]=> string(8) "psahenka" ["category_parent"]=> int(67) } }
同じテーマの語りを見る