インタビュー内容テキスト

ただ、化学療法用の病室で、2時間ほど点滴を受けるだけでした。他の化学治療とは違い、なにか変な気分になったり、数日間寝込んだりしなくてはならないということはありませんでした。ただひとつ複雑なこととして心臓の検査をしなくてはならず、私はその点滴中に2回心臓の検査をしました。

全ての副作用の出現を確認するためですか。

はいそうです。治療が順調であることを確認するために検査を受けます。しかし、私には、ハーセプチンの副作用はみられませんでした。これが普通なのではないでしょうか。

化学療法の病室に2時間いたのですか?

はい。

看護師もいっしょにいましたか。それとも?

はい。友達を連れて行っても良いし、本を読んだり、何かしたりすることも出来ます。
小さな赤ちゃんが治療中に側にいてくれるのも良いかなと思って、実際、赤ちゃんを2回連れて行ったこともあります。その時は、とても穏やかな時であったと記憶しています。いづれにせよ小さな赤ちゃんがいるときはじっと座ってリラックスしていなければならないので、その時の治療はそれほど悪くなかったです。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック →

あなたのひと言をどうぞ → ひと言