インタビュー内容テキスト

卵巣を摘出するのは腹腔鏡手術で、内視鏡で行われました。午前中に手術を受け、午後にはベッドで休んでいました。午後3時には退院しても良いと言われました。気分はとても良かったのですが、子供達を寝かしつける気力は無かったので、子供達が寝静まる19.30頃に旦那に迎えに来てもらいました。その日は美しく天気の良い夕方で、今まで受けてきた治療のハイライトという感じでした。手術は本当に簡単で、副作用も全くありませんでした。

普通の生活に戻るまでどのくらいの期間を要しましたか?

2週間仕事を休み、それで十分でした。

どちらかというと麻酔から回復するのに時間がかかりました。麻酔の後2,3日は一種のとても気分がよくなるような感覚になり、その後、急に落ち込みます。全ての気力が吸い取られるような感じで、それは麻酔による影響だと思います。手術自体は簡単で、傷跡もほんとうに小さなものです。おへその上とその下に、1,5cmほどの傷があります。卵巣を摘出したけれど、手術自体はとても簡単で、気分が悪くなるようなものではありませんでした。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック →

あなたのひと言をどうぞ → ひと言