インタビュー内容テキスト

もうひとつ、医師が言っていたことで手助けになったのは、「治療があなたとおなかの中にいる赤ちゃんに余分な危険を与えなかったとしても、全ての治療が終了しても、出産と重なることはとにかく大変なことになるでしょう。」ということでした。赤ちゃんを出産するということは明るいことだけれども、その一方でとても忙しくなることで、特に新生児の頃は母親は孤独な存在になりがちです。

たくさんのサポートがありましたか。仕事は休みましたか。

はい。私は、仕事を休んでいました。それでも、赤ちゃんがいるということは、とにかく沢山の事をしなくてはならないですよね。

赤ちゃんの誕生というのは、とても現実的なことだと思います。はじめは、赤ちゃんの誕生に対して人生の全てが美しくそして、すぐに今までどうりの生活に戻るという妄想を抱いたりするけれども、実際はひとりの小さな人の面倒をみるということは、とにかく大変で、出産は現実に気がつく瞬間でもありますよね。

そして、たとえば、たった一つの胸しかないのに、病院の職員から「両方の胸からお乳はでていますか?」と度々聞かれ、しまいには「私は1つしか胸がありません。」と、言わなくてはならず、もちろん彼らがわざとそのように言っているわけでは無いとわかっていたけれども、なぜ病院職員は自らの態度を改めないのかと感じました。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック →

あなたのひと言をどうぞ → ひと言