インタビュー内容テキスト

私は、乳房切除術を受け、その1年後に、もう一方の乳房切除術と再建術を行いました。それは約2年前の事で、その時も心身ともに充実した生活を送り、全てがうまく機能しているように感じました。でも、それは人それぞれではないかと思います。

私の家系は、遺伝的に案じるものがあり、いくつかの遺伝子の検査をしなければならず、それらの検査結果は全て陰性だったけれど、比較的若い年齢で乳がんになったことや、遺伝的なこともあり、やはり専門家は、私はまだ乳がんになる可能性があると思っていたので、健康だけれどももう片方の胸の切除手術を受けることは大きな意味がありました。

だから私は、もう片方の乳房を切除することに対して、すごく積極的でした。それから、形成外科医が、同時に、乳房再建術をしてくれ、それは、本当に良かったです。彼らは、素晴らしく、そして可能な限りのことをしてくれたと思います。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック →

あなたのひと言をどうぞ → ひと言