※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

診断時:46歳
インタビュー時:49歳(2008年6月)

九州地方在住。2004年、右乳がんと診断され、術前化学療法、乳房切除術+リンパ節郭清、術後別の抗がん剤による化学療法を行った。現在、ホルモン療法中。 自分の両親と夫、小学生の子ども2人の6人家族。仕事は団体職員としてフルタイムで続けている。

心の中で「絶対これ私乳がんやないかな?」って思いながら、こう生活してたわけなんですよね。だけど、なんか家族に心配もかけたくないしっていうのもあって、ちょっとこんなんで病院に行くとかって言ったら、もう父も母も70過ぎてましたので、まあ年寄りにね、心配かけるし、病院に行くっていうことも言いづらいよねっていうようなですね、なんか変にそういった気を遣ったりですね。なかなか、行こうと思っても、休みを取ろうと思ったら取れないわけではなかったのに、まあ自分の中で、なんかそういう迷いとか、病気になって手術したりして、入院とかはいいんですけども、はっきりそういった病気だって宣告されることが怖かったんですよね。手術とか治療とかっていうのに怖いって気持ちはなかったと思うんですけど、自分の中で、ただその判定を下されるのがなんか嫌かなあーっていうのがあって、なんか延ばし延ばしにしてしまっていたような気がします。

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

認定 NPO 法人「健康と病いの語りディペックス・ジャパン」では、一緒に活動をしてくださる方
寄付という形で活動をご支援くださる方を常時大募集しています。

ご支援
ご協力ください

モジュール一覧