※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

プロフィール

インタビュー18

診断時:46歳
インタビュー時:49歳(2008年6月)
九州地方在住。2004年、右乳がんと診断され、術前化学療法、乳房切除術+リンパ節郭清、術後別の抗がん剤による化学療法を行った。現在、ホルモン療法中。 自分の両親と夫、小学生の子ども2人の6人家族。仕事は団体職員としてフルタイムで続けている。

詳しいプロフィールを見る

「お風呂に入っていいですよ」って言われたときに、お風呂場に大きな鏡があって、それに映る自分の姿を見るのが嫌でしたね。やっぱりまともに見れませんでした。嫌だなと思って。それがやっぱり辛かったですね。胸がなくなってるっていうのもあるし、なんかその傷口っていうのがやっぱり。なんか私もう人間じゃないみたいじゃないですけど、そんなふうに思ったりして、しばらくはまともに見れなくて、鏡に映らないように、お腹から上が映るぐらいの鏡があったので、なるべく映らないように、こうちょっと屈んでみたりですね。でもこうやってすれば(立てば)自分で見えるから、見たくないけど見えてしまうので、それは仕方ないんですけど、鏡に映る姿っていうのは、やっぱり嫌ですね。今でも嫌ですね。もう今では傷口見たりとかっていうのは、何ともないっていうか、もう私はこうだからっていうふうには思ってるんですけども、やっぱり鏡に映ったりするのは嫌ですね。
治療の途中でもいろんな体に変化っていうのがあって、爪の色が変わったりとかっていうのがあるんですね。今、もう忘れちゃいましたけど、黒くなってたのかな、爪とかが。やっぱり友だちが、「あー、爪の色も違ってるよね」とかっても言うし、手術前はもう頭も坊主になってるし、そういう段階のときに、「あー、私、なんか人造人間みたい」っていうふうに思ったことがありましたね。「なんか人間じゃないみたいだし」って。「髪の毛はないし、爪はこんなだし。なんかちょっと人間から外れたのかな」とかですね、ちょっと落ち込んだときはそんなことを思うこともありました。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック

あなたのひと言をどうぞ

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

array(1) { [0]=> object(WP_Term)#11093 (17) { ["term_id"]=> int(36) ["name"]=> string(45) "からだ・心・パートナーとの関係" ["slug"]=> string(4) "otto" ["term_group"]=> int(0) ["term_taxonomy_id"]=> int(36) ["taxonomy"]=> string(8) "category" ["description"]=> string(0) "" ["parent"]=> int(12) ["count"]=> int(22) ["filter"]=> string(3) "raw" ["term_order"]=> string(1) "3" ["cat_ID"]=> int(36) ["category_count"]=> int(22) ["category_description"]=> string(0) "" ["cat_name"]=> string(45) "からだ・心・パートナーとの関係" ["category_nicename"]=> string(4) "otto" ["category_parent"]=> int(12) } }
同じテーマの語りを見る