※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

プロフィール

インタビュー18

診断時:46歳
インタビュー時:49歳(2008年6月)
九州地方在住。2004年、右乳がんと診断され、術前化学療法、乳房切除術+リンパ節郭清、術後別の抗がん剤による化学療法を行った。現在、ホルモン療法中。 自分の両親と夫、小学生の子ども2人の6人家族。仕事は団体職員としてフルタイムで続けている。

詳しいプロフィールを見る

治療を受ける前にですね、診断されてから治療を受けるまでに2週間ぐらいの期間があったと思うんですけど、その間、心配したっていうか、胸の中のつかえというのが、さっきも言いましたように、私の、自分の両親と住んでたんですね。わかりやすく言えばサザエさんなんですよね、私。自分の両親と住んでてっていうことで。旦那はマスオさんっていう感じですね。一緒に住んでいるから、両親にどんな風にいつのチャンスで、「ごめんやけど、私こういうね、乳がんになってしまって手術せないかんから、迷惑かけるね」っていうことをいつの時点で言おうかなとか思いながら、いつも仕事の帰りとか、暗くなって帰るときに、こうハンドルを握りながら、あーいつ言おうかなあとか、言ったらきっともう悲しむんだろうなあとか、落ち込むんだろうなあとか。またそっちも心配なんですよね。母親も喜怒哀楽が激しい人で、嬉しいときは嬉しい、悲しいときは悲しいっていうのをすごく全面に出す人だから、あいたーこんなこと言ったらまたすごく落ち込むよねえっていうのもすごく気にしてて、あーいつ言おうかなあ、いつ言おうかなっていうのもなんかすごく、年老いた両親をですね、悲しませるのも、あー辛いなっていう思いがありましたね。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック

あなたのひと言をどうぞ

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

array(1) { [0]=> object(WP_Term)#12191 (17) { ["term_id"]=> int(37) ["name"]=> string(36) "家族の思い・家族への思い" ["slug"]=> string(6) "kazoku" ["term_group"]=> int(0) ["term_taxonomy_id"]=> int(37) ["taxonomy"]=> string(8) "category" ["description"]=> string(0) "" ["parent"]=> int(12) ["count"]=> int(42) ["filter"]=> string(3) "raw" ["term_order"]=> string(1) "4" ["cat_ID"]=> int(37) ["category_count"]=> int(42) ["category_description"]=> string(0) "" ["cat_name"]=> string(36) "家族の思い・家族への思い" ["category_nicename"]=> string(6) "kazoku" ["category_parent"]=> int(12) } }
同じテーマの語りを見る