インタビュー内容テキスト

主人は、最初の大腸がんのときはね、私が、手術する病院に行ったときに付いてこなかったんですね。私は「もういい」って言ったんですね。「手術の日決める。もうね、大腸がんって分かってるし、手術の日決めるだけだと思うから、会社休まなくてもいい」って言って、来てもらわなかったんですね。やっぱりそれがすごくね、引っ掛かってたみたいなんですね、主人は。ちゃんとそのときに、自分も行って、お医者さん、ちゃんと書いてくれますよね、一応。ここがこうなってて、で、ステージ1とか2とか。で、私はそれを持って帰って主人に見せたわけですよね。で、主人はやっぱりそのときにすごく、行かなかったっていうことに対してね、と思ったんかして、今度、乳がんのときは、次のその結果を聞きに行くとき、細胞診などの結果を聞きに行くときも、組織診の結果を聞きに行くときも付いてきた。付いてきたっていうのおかしいんですけど(笑)、「自分も一緒に行く」って言って、会社休んで来たんですね。来たんです。うん。だから、やっぱりそれ、自分もその場で、お医者さんから一緒に聞いときたいと思ったんだと思うんですね。で、そのときに、お医者さんがやっぱある程度、「こういう方法があります」っていうことも主人も一緒に聞いたりしてますから、まあ、そんなにそれに対してはね、何も言ってなかったんですけど。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック →

あなたのひと言をどうぞ → ひと言