インタビュー内容テキスト

私はその放射線の治療っていうことに対して、すごくちょっとトラウマがありまして。父が、前立腺がんで亡くなってるんですね。で、そのときに、ものすごく苦しんだんですね、放射線の治療に。で、本当に、ご飯が食べられなくて、毎日毎日、吐き気がして、そこで体力、すっごくなくしたんですね。でも、そのときは、もう20…30年近く前ですから、本人にがんということは言わないというか、お医者さんもおっしゃ、言わなかったですし、まあ、私たちもそれは当然だろうという形で、父にはちゃんと言わなかったですね。ですから、その治療ですごく父が苦しんだと思うんですけれども、やっぱり父が亡くなってから「言ってあげればよかった」っていう気持ちがすごくあったんですけれどもね。
で、放射線、あんな苦しい思いするのかなっていう感じでいたんですけれども、まあ、先生が、うーん、先生に私はちょっと父のことね、言って、「すごい大変ですよね?」っていう感じで言ったら、「いや、そんなことないですよ」って言ったんで。「まあ、でも受けなきゃしょうがないんだったら受けよう」と思って、それで、まあ、放射線の治療、1日も休まないで30回。1ヶ月半かけて無事に終わったんですけれども。まあ、本当に、何の副作用もなかったですね。吐き気とかも全然ありませんでしたし、まあ、ちょうど冬でしたから、インフルエンザが流行ってるので、とにかくお医者さんから「人混みには出ないでくださいね」って言われてたんですね。「風邪を引いたりして熱が出たりすると、それはできなくなりますから。で、なるべくこれは続けてやらないと意味がない」って言われて。
それでも病院とね、家と往復だけで毎日毎日ね、行ってると、もう本当に息苦しくなってくるんですよね。だからもう、息抜きしながらね。ちょっと楽しみながら(笑)。帰り、展覧会に行ったりとか、そんなうろうろしながら、帰って…やったんですけれども。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック →

あなたのひと言をどうぞ → ひと言