※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

プロフィール

インタビュー08

診断時:60歳
インタビュー時:62歳(2008年3月)
近畿地方在住。2005年12月、大腸がんの術後の定期検診で胸部CTを撮り、偶然右乳がんが見つかった。乳房温存術、センチネルリンパ節生検、術後抗がん剤治療、放射線療法を受け、現在ホルモン療法をしている。日本語学校の教師をしていたが、乳がんをきっかけに退職した。

詳しいプロフィールを見る

えっと、あの、取ったところですね、ポコッとへこまないように、先生がちゃんと中に何かを入れてくださってるんですね。血液っていったような気がするんですけど。何か、だから、今も触ったら硬いんですよ、その切った下は。だから、ポコッとへっこんでないんですね。だから、一応、平面というか、ちょっとはやっぱり、あの、崩れてますけれども、そんなに、あのー、えくぼになってポコッとへっこんでいるという感じはないんです。
だから、私は、温泉にも行ってますし。あの、まあ、大腸がんで手術した後も、温泉にも普通に行ってますし。だから、それは全然、外見的には、はい、大丈夫というか、そんなに、あの、本当、醜い感じにはなってないんですよね。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック

あなたのひと言をどうぞ

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

array(1) { [0]=> object(WP_Term)#12189 (17) { ["term_id"]=> int(20) ["name"]=> string(15) "乳房温存術" ["slug"]=> string(5) "onzon" ["term_group"]=> int(0) ["term_taxonomy_id"]=> int(20) ["taxonomy"]=> string(8) "category" ["description"]=> string(0) "" ["parent"]=> int(10) ["count"]=> int(20) ["filter"]=> string(3) "raw" ["term_order"]=> string(1) "0" ["cat_ID"]=> int(20) ["category_count"]=> int(20) ["category_description"]=> string(0) "" ["cat_name"]=> string(15) "乳房温存術" ["category_nicename"]=> string(5) "onzon" ["category_parent"]=> int(10) } }
同じテーマの語りを見る