※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

診断時:60歳
インタビュー時:62歳(2008年3月)

近畿地方在住。2005年12月、大腸がんの術後の定期検診で胸部CTを撮り、偶然右乳がんが見つかった。乳房温存術、センチネルリンパ節生検、術後抗がん剤治療、放射線療法を受け、現在ホルモン療法をしている。日本語学校の教師をしていたが、乳がんをきっかけに退職した。

そのエコーを撮ったもうその日に細胞診を、3本ほど、注射器みたいなので、「3個採った」って言ってました。それで、「1週間後に結果が出ると思うから、聞きに来てください」っていう形で、1週間後に行きました。で、そのときはグレーだったんですね。「はっきりがんとは言えない」って、どっちとも、っていうか、そういう感じだったんですね。で、だから、今度は組織を採ったら、もうはっきり分かるでしょう」っていうことで、で、組織を採りまして。また、注射みたいな、ピストルみたいなのでバチャンっていう感じで、それも、「3個採った」っておっしゃってましたか。それで、また1週間後に行きまして。ですから、「しこりがある」って言われてから2週間後ですね。はっきりがんってわかったんですね。

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

認定 NPO 法人「健康と病いの語りディペックス・ジャパン」では、一緒に活動をしてくださる方
寄付という形で活動をご支援くださる方を常時大募集しています。

ご支援
ご協力ください

モジュール一覧