インタビュー内容テキスト

私は、最初からね、自分ががんにかかったっていうこと、隠さなかったんですね。みんなオープンにしたんです。大腸がんのときも、乳がんのときも。親しくない人に別に言う必要はないですけど、お友達にはみんなね、「がんにかかって」っていうことは、伝えたんですね。そうしましたら、最初の大腸がんのときは、学生と先生方で千羽鶴をね、折って、持ってきてくれたんですね、病院に。学生の代表がお手紙も書いてね。で、やっぱり「待っています」みたいな形だったんですね。だから、それで私もまた「復帰したい」っていう気持ちがあったんだと思うんですけれどもね。はい。
 やっぱり、オープンにしてしまうと、やっぱりそれなりに皆さん、何気ない、何ていうんでしょうか。心遣いっていうのが、掛けてくれるような気がするんですよね。やっぱり隠して、自分一人だけでね、あれこれあれこれ悩むよりは、オープンにしてしまうと、本当に、いろんな、助けをもらえるっていうような気がするんですね。
 やっぱり皆さんも、気にするから、「こんなこと書いてあったよ」とかね、「こんな治療もあるらしいね」とかね、そういう話も伝えられますし、伝えてもらえるし。それとやっぱり、知人が2人、まだ乳がんして、治療してる人がいますから、お互いにやっぱり「こんな治療を今してる」とか、「こんな薬、飲んでる」とかね、そういう話もできますので。まあ、あんまり、こう、自分だけのものにしないでね、オープンにしてしまうと、案外またそこからね、違う助言とかもらえるんじゃないかなっていう気がしました。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック →

あなたのひと言をどうぞ → ひと言