※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

プロフィール

インタビュー08

診断時:60歳
インタビュー時:62歳(2008年3月)
近畿地方在住。2005年12月、大腸がんの術後の定期検診で胸部CTを撮り、偶然右乳がんが見つかった。乳房温存術、センチネルリンパ節生検、術後抗がん剤治療、放射線療法を受け、現在ホルモン療法をしている。日本語学校の教師をしていたが、乳がんをきっかけに退職した。

詳しいプロフィールを見る

私は、最初からね、自分ががんにかかったっていうこと、隠さなかったんですね。みんなオープンにしたんです。大腸がんのときも、乳がんのときも。親しくない人に別に言う必要はないですけど、お友達にはみんなね、「がんにかかって」っていうことは、伝えたんですね。そうしましたら、最初の大腸がんのときは、学生と先生方で千羽鶴をね、折って、持ってきてくれたんですね、病院に。学生の代表がお手紙も書いてね。で、やっぱり「待っています」みたいな形だったんですね。だから、それで私もまた「復帰したい」っていう気持ちがあったんだと思うんですけれどもね。はい。
 やっぱり、オープンにしてしまうと、やっぱりそれなりに皆さん、何気ない、何ていうんでしょうか。心遣いっていうのが、掛けてくれるような気がするんですよね。やっぱり隠して、自分一人だけでね、あれこれあれこれ悩むよりは、オープンにしてしまうと、本当に、いろんな、助けをもらえるっていうような気がするんですね。
 やっぱり皆さんも、気にするから、「こんなこと書いてあったよ」とかね、「こんな治療もあるらしいね」とかね、そういう話も伝えられますし、伝えてもらえるし。それとやっぱり、知人が2人、まだ乳がんして、治療してる人がいますから、お互いにやっぱり「こんな治療を今してる」とか、「こんな薬、飲んでる」とかね、そういう話もできますので。まあ、あんまり、こう、自分だけのものにしないでね、オープンにしてしまうと、案外またそこからね、違う助言とかもらえるんじゃないかなっていう気がしました。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック

あなたのひと言をどうぞ

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

array(1) { [0]=> object(WP_Term)#12126 (17) { ["term_id"]=> int(38) ["name"]=> string(24) "周囲の人との関係" ["slug"]=> string(5) "shuui" ["term_group"]=> int(0) ["term_taxonomy_id"]=> int(38) ["taxonomy"]=> string(8) "category" ["description"]=> string(0) "" ["parent"]=> int(12) ["count"]=> int(23) ["filter"]=> string(3) "raw" ["term_order"]=> string(1) "5" ["cat_ID"]=> int(38) ["category_count"]=> int(23) ["category_description"]=> string(0) "" ["cat_name"]=> string(24) "周囲の人との関係" ["category_nicename"]=> string(5) "shuui" ["category_parent"]=> int(12) } }
同じテーマの語りを見る