インタビュー内容テキスト

私も病気を隠してね、付き合えないので、「実は私は乳がんになったことがあるし、しかも2回も」って。「それでもいいの?」って話したんですね。で、ちょっと、まあ、びっくりはしてましたけど、「まあ、でも、今は大丈夫なんでしょ? だったら、いい。大丈夫。うん、いいよ」っていうふうに言われたので、よかったなと思って。まあ、お付き合いが始まったんですけど。
付き合いだして半年ぐらいたったときかな。私、卵巣のほうにも腫瘍ができて、それの手術を今年の、あれはいつだっけ? 3月…にやったんですけど、そのときに、その彼にもなかなか言えなくって。でも、言わないわけにはいかないじゃないですか。で、まあ、思い切って、「実はこういう、こうやって見つかって、手術することになったのよ」っていうことを、手術の2週間ぐらい前に話をしたんです。で、そしたら、すごく、すごく、びっくりしていて、逆に何か、私のほうが励ましてたっていう感じ(笑)。
私自身が大丈夫だと思っていても、相手はそう思わないことっていうのがやっぱりあるんだなっていうのは、すごく思いましたね。そういった意味で、多分、すごく悩んで出した結論だと思うんですよ。何て言うんですかね。私のことが嫌いになってとかではなく、誰か好きな人が別にできたではなく、ただやっぱり何か怖いっていうんですか。心配。だから、一緒にいると自分が苦しくなるから。耐えられないみたいなところがあったみたいです。それで、結果的には別れることになったんですけど。だから、まあ、私は私で友達に相談したりとか、いろいろ愚痴ったりとかできるんですけど、多分、その人はきっとやってないだろうし、1人で悩んで抱えて苦しんで出した結論なんだなっていうのは、すごくやっぱありますね。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック →

あなたのひと言をどうぞ → ひと言