※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

プロフィール

インタビュー36

診断時:37歳
インタビュー時:41歳(2008年9月)
離島在住。2004年3月、左乳がんを診断され、左乳房温存術+腋窩リンパ節郭清術、放射線療法を受け、ホルモン療法を開始。2006年1月、右乳がんの診断で右乳房温存術を受けた。2008年春には、境界悪性卵巣腫瘍で左卵巣摘出術を受けた。当時は母親と姉弟の4人暮らしで看護師をしていた。現在は、マッサージサロンを開き、1人暮らし。

詳しいプロフィールを見る

あの、半日だけ仕事をして、放射線、通ってたって感じですね。うん。まあ、休んでもよかったんですけど。でも、やっぱ家にいるとちょっとね。どうしても考えてしまうので、仕事してるほうが楽しかったので、まあ、上司に話をして、働ける時間だけ、無理のない程度の時間だけ働いて、あとは放射線へ通うっていう形で。まあ、その辺は配慮していただきながら通ったので、まあ、よかったのかなって思いましたね。うん。

――放射線に関しては、何か生活に影響とかはなかったんですか?

生活に影響はない…。あっ、まあ、多少だるかったですとか、うん、食欲がなかったりありましたけど。でも、逆に私の場合は、放射線をやっていたので、夜勤とかはやってなかったんですよ。だから、割と時間があったので、で、運動不足解消とかいって、スポーツやったりとか(笑)してたんです。先生は「あんまりやらないほうがいいんじゃない?」っては言われたんですけど、でも、別に、何て言うんですかね。やったほうがストレス発散になってたので、まあ、一応、先生も「まあ、大丈夫だったらいいけど」っていう感じだったので(笑)。やってました。えーと、バドミントンです。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック

あなたのひと言をどうぞ

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

array(1) { [0]=> object(WP_Term)#12132 (17) { ["term_id"]=> int(28) ["name"]=> string(15) "放射線療法" ["slug"]=> string(6) "housha" ["term_group"]=> int(0) ["term_taxonomy_id"]=> int(28) ["taxonomy"]=> string(8) "category" ["description"]=> string(0) "" ["parent"]=> int(10) ["count"]=> int(15) ["filter"]=> string(3) "raw" ["term_order"]=> string(1) "8" ["cat_ID"]=> int(28) ["category_count"]=> int(15) ["category_description"]=> string(0) "" ["cat_name"]=> string(15) "放射線療法" ["category_nicename"]=> string(6) "housha" ["category_parent"]=> int(10) } }
同じテーマの語りを見る