インタビュー内容テキスト

実は私、手術終わって半年…1年ぐらい、友達にも言えなかったんですよ。だから、知ってるのは職場の、同僚と、あと、本当に身近な家族、それぐらい。で、友達にも言って…まあ、友達の1人ぐらいですかね。たまたま、「あ、そういえば最近見ないよね」って言ったときに、「実はね」っていう感じで。あと、ほかの人に誰にも言えなかった部分あったんですけど。
そのときに、本当、1年以上経ったときに、友達に「実はね」って言ったときに、「すごい何か水臭いね」って言われたんですよ。「何でもっと早く言わないの」って言われて、何か普通に、まあ、手術のときはもちろん、あれだけど、何て言うの、手術終わって1カ月ぐらいは、何かそう、スポーツもできなかったし、外へもあまり行けなかったんですけど、その後とか交流は普通にあったので、だから、まさか私がそんなことをしてたって誰も知らないんです。周りとか。だから、「すごい水臭いね」って言われて。
で、私の中では、こう、相手のこと思って言ってなかったつもりだったのが、逆に相手を傷付けていたなっていうのがすごくあります。相手を傷付けてたし。逆に、何て言うんですか。相手を傷付けたっていうのと、言うことで自分が苦しくなるから、あえて言わなかった。触れたくなかったっていうのが、多分、正直な気持ちでしたね、そのときは。こう、「実はね、私、乳がんって言われてね、手術したんだよ」って、話をすることって、そのときのつらい気持ちがまたよみがえってくるじゃないですか。だから、あえて触れたくなかった。だから、誰にも言わなかったっていうのが(笑)、まあ、正直な話。後になって気が付いたのは、まあ、そういうところだと思いますね。

――まだ自分の気持ちがこう、準備ができてなかったって感じですか?

そうですね。受け入れていなかった。あえて、こう、明るく振る舞って。忘れたかった。避けていたっていうんですか。うん。でも、それが、受け入れてるつもりだったんですよ、自分では。でも、そうじゃなくって、あえて見ないようにしてたっていう。だから、「そこにはお願いだから触れないでね」って感じでしたね、きっと。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック →

あなたのひと言をどうぞ → ひと言