※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

診断時:37歳
インタビュー時:41歳(2008年9月)

離島在住。2004年3月、左乳がんを診断され、左乳房温存術+腋窩リンパ節郭清術、放射線療法を受け、ホルモン療法を開始。2006年1月、右乳がんの診断で右乳房温存術を受けた。2008年春には、境界悪性卵巣腫瘍で左卵巣摘出術を受けた。当時は母親と姉弟の4人暮らしで看護師をしていた。現在は、マッサージサロンを開き、1人暮らし。

まあ、先生にとってみれば、別に、別にっていうか、専門だと、まあ、相手がね、みんながん患者じゃないですか。だから、まあ、告知なんていうのは普通でしょうけども、何か本当にあっさりと簡単に言われたもので、すごいびっくりでしたね。確か、あまり記憶が定かではないんですけども、確か、こう私が座ったら先生が前にいて、ここに、まあ、マンモグラフィとかの、エコーとかの画像があって。で、先生は「ああ」ってこう、見に行くわけですよ、画像を。こうやって近くに。なので、「ああ、これは乳がんだね」って、何かこの辺から(背後から)声がしましたよ(笑)。で、私も「えっ?」と思って。別に、まあ、先生は何か、それが何て言うのか、特別・・・(ではないかもしれないけど)。私にとってみれば、すごく衝撃だし、そんな、「えー、どこから…えっ? 今、何て言ったの?」みたいな感じでしたけど(笑)びっくりでした(笑)。もういとも簡単に言われてしまったので。
まあ、それが意外と、後々よかったのかなと思いますけどね。あまり深刻に、こう切り出されるよりも、「ああ、乳がんだよ。でも、切ったら大丈夫だから」っていうふうに言われちゃったほうが。まあ、最初の衝撃は大きいですけど、後々いいのかなあと思ったりはしますけど。はい。

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

認定 NPO 法人「健康と病いの語りディペックス・ジャパン」では、一緒に活動をしてくださる方
寄付という形で活動をご支援くださる方を常時大募集しています。

ご支援
ご協力ください

モジュール一覧