インタビュー内容テキスト

1回目の手術からすると、ちょうど4年半が経ちますね。その間は、やっぱり不安とか、すごくありましたね。私はまだ結婚もしてませんし、まあ、結婚できるのかな?とか、子供生めるのかな?とか、そういった心配もあるし、やっぱりこう、病気をしてしまった自分に負い目があるので、なかなかこう、恋愛に関しても一歩踏み出せなかったりとか。そういったのがやっぱりあったりするんですけど。そういう不安とかいろんな悩みとかは、やっぱり同じ病気をした人たちとこう、交流する中で、すごく気持ちが、こう共有することで、私自身も癒やされるし、情報交換したりとかそういうことによって、「ああ、自分だけじゃないんだな」っていうふうに思えるようになりましたね。
あと、生理を止めるという、ホルモン療法。しかも5年間、生理を止めるっていうことを聞いたときに、その当時、私は37だったので、まあ、例えば結婚して、子供を生む、何か微妙な年齢だったんですよ。だから、「5年間っていうことは、終わったら42歳。そうしたら、私はもう結婚もできないし、子供も生めないのか」っていう思いがすごくあったんです。それはすごくやっぱ大きかったかなって思いますね。
で、「生理を止めるので、閉経と同じ状況になるから、まあ、更年期障害が出たりとか、ちょっとこう、気持ちが沈んだりとかね、そういった副作用もあるよ」っていうふうに聞いたので、またその辺は、そういった更年期障害の副作用なのか、そういう何かそういうショックがあったのか。確かにちょっと、こう気持ちがかなり沈み込んだ時期はありましたね。「ああ、ちょっと、私、うつっぽいな」っていう感じ。それはもう時期を過ぎたら、普通に戻りましたけど。
何て言うんですかね。こう生理が止まったときのショックって、やっぱありましたね(笑)。「あ、本当に止まったんだ」っていう感じだった。で、そのうち、それが何か慣れてくると、何かもうないのが普通の状態みたいって落ち着きましたけどね(笑)、うん。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック →

あなたのひと言をどうぞ → ひと言