※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

プロフィール

インタビュー40

診断時:39歳
インタビュー時:46歳(2008年10月)
北海道在住。2001年秋、左乳がんと診断され、左乳房切除術とリンパ節郭清術を受け、術後は放射線療法、化学療法、ホルモン療法を行った。術後5年ほどして、左腕がリンパ浮腫となり、現在は病院でリンパマッサージを受けている。夫の両親、夫と子ども2人の6人暮らし。パート勤務で、治療のため退職し、4年後から事務系のパートを再開した。

詳しいプロフィールを見る

がんの告知を受けてから、家族に伝えて、その中で私が一つ、ちょっと心痛めたことは、小学校3年生の娘にも伝えましたよね。そして、その娘が学校帰りに、友達と一緒に帰ってきた、帰ってくる途中に、友達に「お母さん、入院するんだよね」って言ったんです。そしたら、その友達が「がんなら、終わってるよね」って。友達に言われたんですね。そう言われたら、もう娘は「何も言えなくなったさ」って言って、何かこう、つらそうな顔して帰ってきて、私に報告したんですよね。その言葉を聞いたとき、私も何か何も言えなくて。ああ、娘にもつらい思いさせてるんだなっていうことで。
 私はがんの告知受けた途端に、周りの友達や知り合いにこう「乳がんの告知を受けた」。それによって、周りの人たちはあわててがん検診行ったんですよね。「ああ、同じような年代だから、がん検診、今までね、恥ずかしがって行ってなかったけど、行かなくちゃいけない」っていうことで、何人かグループつくりながら、行って、「何ともなかったよ」っていう報告受けたので、それはそれで役に立ったかなあと思ったんですが、ああ、これは子どもたちの親関係にはまだ伝える時期ではないなと思って、学校で「ああ、何々ちゃんのお母さん、がんだったんだ」って、「がんなんだって?」みたいな言葉を投げられて、また子供は傷付く、まだ年齢かなあと思ったんですよね。それが何か、子供に悪いことしたかなあなんて、ちょっと思ったんですね。
 あと、うれしかったことは、つい最近っていうか、今、中1の息子なんですが、小学校6年生のとき、サッカーやってるんですが、そのサッカーの試合の帰りに、車の中で、「自分は大きくなったら、プロのサッカー選手になる」って。それで、「札幌にサッカーチームがあるんですが、そこに入れなかったら、お母さん、本州のほう、行ってもいいかい?」って言うから、「いいよ」って言った。そしたら、「お母さん、そうなったらお母さんに、飛行機のチケットと試合会場のチケットを送るから、それまで頑張って生きてね」って。うん……(涙)。言われたんですよ。うん、それ、車の中で聞いて、何かうれしかったなと思って。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック

あなたのひと言をどうぞ

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

array(1) { [0]=> object(WP_Term)#11087 (17) { ["term_id"]=> int(37) ["name"]=> string(36) "家族の思い・家族への思い" ["slug"]=> string(6) "kazoku" ["term_group"]=> int(0) ["term_taxonomy_id"]=> int(37) ["taxonomy"]=> string(8) "category" ["description"]=> string(0) "" ["parent"]=> int(12) ["count"]=> int(42) ["filter"]=> string(3) "raw" ["term_order"]=> string(1) "4" ["cat_ID"]=> int(37) ["category_count"]=> int(42) ["category_description"]=> string(0) "" ["cat_name"]=> string(36) "家族の思い・家族への思い" ["category_nicename"]=> string(6) "kazoku" ["category_parent"]=> int(12) } }
同じテーマの語りを見る