※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

プロフィール

インタビュー40

診断時:39歳
インタビュー時:46歳(2008年10月)
北海道在住。2001年秋、左乳がんと診断され、左乳房切除術とリンパ節郭清術を受け、術後は放射線療法、化学療法、ホルモン療法を行った。術後5年ほどして、左腕がリンパ浮腫となり、現在は病院でリンパマッサージを受けている。夫の両親、夫と子ども2人の6人暮らし。パート勤務で、治療のため退職し、4年後から事務系のパートを再開した。

詳しいプロフィールを見る

それで、まあ、手術を迎えたんですけども。そして、手術を迎えて、迎えるに当たって、やはり説明がありますよね。それで、最初、えーと、腫瘍が8センチ、それでがんが3センチ、結構しこりが大きいっていうことで、全摘手術をします、と。それで、形成の先生のほうに行ってますので、形成の先生は、最初にこれ、「肋骨に薄い膜が1枚残れば皮膚移植できるから」って言われたんですよ。それで、「肋骨に薄い膜が1枚残れば皮膚移植できる」っていう意味がちょっとよく分からなかったんですが、術後、その先生から、「筋肉、温存しましたから」って言われたんですよね。「ちょっと筋肉、表面削りましたけど、筋肉のほうに転移してなかったので温存しました」って言われて、そのときに、ああ、筋肉も全部取る手術の予定だったんだって後で分かったんですね。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック

あなたのひと言をどうぞ

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

array(1) { [0]=> object(WP_Term)#12191 (17) { ["term_id"]=> int(21) ["name"]=> string(15) "乳房切除術" ["slug"]=> string(7) "setsujo" ["term_group"]=> int(0) ["term_taxonomy_id"]=> int(21) ["taxonomy"]=> string(8) "category" ["description"]=> string(0) "" ["parent"]=> int(10) ["count"]=> int(25) ["filter"]=> string(3) "raw" ["term_order"]=> string(1) "1" ["cat_ID"]=> int(21) ["category_count"]=> int(25) ["category_description"]=> string(0) "" ["cat_name"]=> string(15) "乳房切除術" ["category_nicename"]=> string(7) "setsujo" ["category_parent"]=> int(10) } }
同じテーマの語りを見る