インタビュー内容テキスト

それで、まあ、手術を迎えたんですけども。そして、手術を迎えて、迎えるに当たって、やはり説明がありますよね。それで、最初、えーと、腫瘍が8センチ、それでがんが3センチ、結構しこりが大きいっていうことで、全摘手術をします、と。それで、形成の先生のほうに行ってますので、形成の先生は、最初にこれ、「肋骨に薄い膜が1枚残れば皮膚移植できるから」って言われたんですよ。それで、「肋骨に薄い膜が1枚残れば皮膚移植できる」っていう意味がちょっとよく分からなかったんですが、術後、その先生から、「筋肉、温存しましたから」って言われたんですよね。「ちょっと筋肉、表面削りましたけど、筋肉のほうに転移してなかったので温存しました」って言われて、そのときに、ああ、筋肉も全部取る手術の予定だったんだって後で分かったんですね。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック →

あなたのひと言をどうぞ → ひと言