※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

プロフィール

インタビュー40

診断時:39歳
インタビュー時:46歳(2008年10月)
北海道在住。2001年秋、左乳がんと診断され、左乳房切除術とリンパ節郭清術を受け、術後は放射線療法、化学療法、ホルモン療法を行った。術後5年ほどして、左腕がリンパ浮腫となり、現在は病院でリンパマッサージを受けている。夫の両親、夫と子ども2人の6人暮らし。パート勤務で、治療のため退職し、4年後から事務系のパートを再開した。

詳しいプロフィールを見る

〈主人に)「私の手術した跡、見るかい?」って言ったことあったんですよね。したら、「見たくない」ってすっごい拒否してたんですよね。まあ、それはそれでいいんですけども。「あ、そっか。でも、私のつらさを分かってもらうために、うん、ちょっと話聞いてほしい」って言っても、「いや、聞きたくない。見たくない」って、何か胸を取られたことが、すっごい主人がショックだったんですよね、私以上に。そして、皮膚移植してる太もものところも、傷口がサラミみたいな状態だったんです。赤くて。それに塗り薬をやって、自分で、一人でガーゼを取り替えるんですが、それをやっぱり家族に見られたくなくて、一人で隠れてやってました。
ただ、あるときに、何かふっと主人のほうでね、「おまえの手術の跡、見てみたい」って言われたときあって、まあ、一度、見せたんですよね。そうしたら、何か、主人の思いも何か吹っ切れたんでしょうかね。うん、何か、それまで何らかの2人の間にいろいろな思いはあったんですけども、それをきっかけに、心底また何か話、お互いに気持ちを話できるような状態。その傷口を、私のこのあんまり見られたくない体を見てもらったことによって、お互いの、何ていうの、心の底から。それをきっかけに、娘の前でも、上半身(気にせずに洋服を)取り替えるような。それを主人に見られたことによって、それがきっかけで、また家族の前で自分の傷口をさらけ出すことに、抵抗がなくなった。それまでは、ずっと2年間くらい隠し続けて、見られないように、見られないようにっていう状態だったんですけど。「これが私の体だよ」っていって、「肋骨も出てるし。こんな状態だよ」って。でも、それによって、みんなでまた、乳がんに対してでも、いろんな話を心底できるようになったっていう感じです。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック

あなたのひと言をどうぞ

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

array(1) { [0]=> object(WP_Term)#12191 (17) { ["term_id"]=> int(36) ["name"]=> string(45) "からだ・心・パートナーとの関係" ["slug"]=> string(4) "otto" ["term_group"]=> int(0) ["term_taxonomy_id"]=> int(36) ["taxonomy"]=> string(8) "category" ["description"]=> string(0) "" ["parent"]=> int(12) ["count"]=> int(22) ["filter"]=> string(3) "raw" ["term_order"]=> string(1) "3" ["cat_ID"]=> int(36) ["category_count"]=> int(22) ["category_description"]=> string(0) "" ["cat_name"]=> string(45) "からだ・心・パートナーとの関係" ["category_nicename"]=> string(4) "otto" ["category_parent"]=> int(12) } }
同じテーマの語りを見る