インタビュー内容テキスト

最初のうちは、まだ細かったんです。腫れもそんなんじゃない。それで、私、ただこう、手でさするだけ だったんですけども、それで、まあ、半年に1回の検査のときに、先生にそれ相談したら、「形成行きなさい」って言われて、形成行ったんですよね。
そしたら、形成の…。そのころ、あのー、ちょうど新聞に、…リンパ浮腫のこう、腕、すごい腫れ、私と同じような状態で腕腫れてる方が、術後、ここの血管とリンパ、結び付ける手術をして、術後、どっちも同じ腕の太さになってたんですよね。それで、私、すごい興味持って、ついでにその形成の先生に話したら、「まだそこまでね、まあ、あれなので、包帯を巻いて、様子見ましょう」ってことで、包帯、そこで、形成でいただいて、包帯の巻き方を看護師さんに教えてもらって、それで巻いてたんですけども。
それで、まあ、何回か行っても、別にストッキングの説明するわけでもなく、ただ、腫れてるか腫れてないか、ただ包帯取って見るだけなんですよね。それで、結果的に行かなくなったんです。それで一人で包帯巻いてたんですけども。だんだん、年々、太くなってきてます。うん。
それで、今、また先生の定期検診のほうで行って、そしたら、その先生のほうから、「今、看護師さんで、こういうリンパマッサージの資格、取った人がいるんだけども、そちら、受けてみるかい?」って声掛けられたんですよね。「ああ、それで先生、あ、できるんなら行きたいです」ってことで、今、それのほうを、大体、うーんと、今年の7月ぐらいからですかね。あのー、2週間に1ぺんが、今、1週間に1回ぐらいで、リンパマッサージ受けてる最中なんですよね。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック →

あなたのひと言をどうぞ → ひと言