インタビュー内容テキスト

――今、お子さん、3歳です?

はい。

――まあまだちょっと分からないかもしれないんですけど、ご病気のこととかをお子さんに話したりということはどうですか。

まあ乳がんといっても、まだピンと来る年齢ではないので、一応「おっぱいの病気」とは言っているんですね。で、やっぱりこうちょっとこの押されたりすると痛かったりするので。で、子どもってこう手加減もなしにワーッと飛び付いてきたり、乗っかってきたりするので、やっぱり痛いので、それをやられると。だから、こう「ママは左側のおっぱいは病気だ、病気だから、あまりこう叩いたりとか、ぎゅって押したりとかしないでね」ということは伝えてあって。まあその辺の、まあなんかのおっぱいの病気なんだなっていうのは、分かってはいます。うん。
だけど、も、もうちょっとこう大きくなってきて、まあがんっていう、その病気のちゃんと理解もできるようになったら、ちゃんとまあ伝えようとは思いますし、ある程度の年齢になったら一緒に、あの、検診にも、もう連れていこうと思ってますし。今も、あの、検診ですとか、その病院に一緒に連れていったりとかもして、こうエコーをここをこう、やられてというのも見たりしているので、まあ小さいうちから、そういうのをまあ普通に見ておけば、まあ自分がある程度そういう検診を受ける年齢になっても、こう違和感なく、抵抗なく、あ、お母さんもやっていたなっていうので、まあやってくれるんじゃないかなと思って、あえて、まあ隠したりはしないでおこうかなとは思います。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック →

あなたのひと言をどうぞ → ひと言