※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

プロフィール

インタビュー51

診断時:28歳
インタビュー時:34歳(2010年3月)
近畿地方在住。2004年2月、左乳がんと診断され、左乳房温存術、センチネルリンパ節生検、術後抗がん剤治療、放射線療法を受けた。妊娠を強く希望していたため、抗がん剤治療前に卵子を凍結保存したが、自然妊娠し、無事に出産した。 診断時、夫と2人暮らし。パートをしていたが、病気がわかって辞めた。

詳しいプロフィールを見る

――今、お子さん、3歳です?

はい。

――まあまだちょっと分からないかもしれないんですけど、ご病気のこととかをお子さんに話したりということはどうですか。

まあ乳がんといっても、まだピンと来る年齢ではないので、一応「おっぱいの病気」とは言っているんですね。で、やっぱりこうちょっとこの押されたりすると痛かったりするので。で、子どもってこう手加減もなしにワーッと飛び付いてきたり、乗っかってきたりするので、やっぱり痛いので、それをやられると。だから、こう「ママは左側のおっぱいは病気だ、病気だから、あまりこう叩いたりとか、ぎゅって押したりとかしないでね」ということは伝えてあって。まあその辺の、まあなんかのおっぱいの病気なんだなっていうのは、分かってはいます。うん。
だけど、も、もうちょっとこう大きくなってきて、まあがんっていう、その病気のちゃんと理解もできるようになったら、ちゃんとまあ伝えようとは思いますし、ある程度の年齢になったら一緒に、あの、検診にも、もう連れていこうと思ってますし。今も、あの、検診ですとか、その病院に一緒に連れていったりとかもして、こうエコーをここをこう、やられてというのも見たりしているので、まあ小さいうちから、そういうのをまあ普通に見ておけば、まあ自分がある程度そういう検診を受ける年齢になっても、こう違和感なく、抵抗なく、あ、お母さんもやっていたなっていうので、まあやってくれるんじゃないかなと思って、あえて、まあ隠したりはしないでおこうかなとは思います。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック

あなたのひと言をどうぞ

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

array(1) { [0]=> object(WP_Term)#12185 (17) { ["term_id"]=> int(37) ["name"]=> string(36) "家族の思い・家族への思い" ["slug"]=> string(6) "kazoku" ["term_group"]=> int(0) ["term_taxonomy_id"]=> int(37) ["taxonomy"]=> string(8) "category" ["description"]=> string(0) "" ["parent"]=> int(12) ["count"]=> int(42) ["filter"]=> string(3) "raw" ["term_order"]=> string(1) "4" ["cat_ID"]=> int(37) ["category_count"]=> int(42) ["category_description"]=> string(0) "" ["cat_name"]=> string(36) "家族の思い・家族への思い" ["category_nicename"]=> string(6) "kazoku" ["category_parent"]=> int(12) } }
同じテーマの語りを見る