インタビュー内容テキスト

出産は難産だったので。で、子どもももう巨大児で、もう4,000(g)超えている巨大児だったので(笑)、本当にちょっと大変だったんですね。で、まあ妊娠したことは嬉しかったけれど、こんなにもつらいものなのかっていう、だけど、つらかったんですけれど、なんか自分はもっとつらいことをしてきたから、まあこれぐらい嬉しいつらさじゃないかなんて思いながら、そういう面でも、なんかもっと、こう抗がん剤のときとか、やっぱりその告知のときだったりとか、つらい思いをしてきているから、もうこんなのでつらいと思ってちゃ駄目だっていうのもあって、もうそういうことも乗り越えられたんですけれど、女の子って分かった時点で、真っ先に、こう乳がんのことがやっぱり頭に浮かんで、私が遺伝性ではないと思うので、まあ遺伝するかどうか分からないけれど、でも、やっぱり女の子だから、私と同じように乳がんになる可能性は、もしかしたら全くお母さんがそういうことがない人に比べたら可能性としてはあるのかなぁなんてちょっと思いながら、そういうことはありました。うん。
で、母乳もやっぱり最初は、ちょっと出たので、その手術をして、ちょっと形はまあ変わっているけれど、なんか母乳も出るんだっていう嬉しさはありましたね。で、それを飲んでくれないので、ちょっと悔しかったんですけど(笑)、せっかく出ているのに。
でも、やっぱり普通に、私も、この乳がんとか全く経験してない人と同じように普通に妊娠して、出産もして、こう子どもを育てることができたっていう喜びは、まあ皆さん、こう出産したら喜びはあるでしょうけど、なんかそれにこうプラスして、自分が乗り越えてきたものがあるんだっていうので、もう本当に嬉しかったですね、それは。
やっぱりだから、それも、今、その治療して、これから、まあ結婚だったり、妊娠を希望している人にもやっぱりこういう気持ちを、もう本当に今つらく頑張っているから、こういう嬉しさとか本当に経験してほしいなっていうのは、思いました。やっぱりあきらめちゃっているっていう人も多いので、「もう私は結婚できない」とか、「もう妊娠できないんじゃないか」とか、やっぱりそういうことを一番に思うと思うんですね、20代で(乳がんに)なった方とかは。うん。
だから、いろいろ今、本当に医療のね、そういう進歩してきているので、私のときとは、もう今とはまた全然違うと思うので、いろいろそういう選択肢なんかも増えているだろうし、うん、そういうところでなんか悲観的になったり、絶望的になったりしないでほしいなっていうのは本当に思います。うん。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック →

あなたのひと言をどうぞ → ひと言