インタビュー内容テキスト

――その(妊娠)許可は、期間でもうOKという感じだったんですか?

一応、まあ半年ぐらい経てばということで、そのときの、検診に行って、「もうこれだけ日数経っているし、まあ大丈夫でしょう」って、「今、特に何も心配する再発の兆候だとかそういうのがないから、まあ大丈夫でしょう」っていうことで。(許可が)出ました。はい。

――じゃあ、そこから、実際に妊娠する、妊娠・出産するまでの経過を教えていただければと思うんですが。

もうそこからは、意外とすぐ2ヶ月ぐらいで、もう妊娠、で、もう3ケ月ぐらいでもう妊娠が、まあちゃんとはっきり分かったという感じだったので、意外とすぐに、うん。その乳がんになる前はなかなかできなかったっていうのもあったんですけれど、意外とすぐ妊娠することはできました。

――すみません。詳しく分からないので、教えていただきたいんですが、体外受精みたいな感じでなんですか?

あ、いえ、もう普通に自然妊娠だったんですね。で、なんか結局、その保存した卵子も使うことなく、もう本当に自然に、だから、自分の中ではまあこれだけ、このがんになって病気して、治療も頑張ったから、多分神様がなんかご褒美くれたんだろうなあ、なんて思ってたんですけど、そのときは。もう本当に不思議なくらい、すぐにできたので、うん。私もまだ髪の毛もそんなに生えそろってないぐらいの(笑)、その時期だったので、はい。
でも、逆にこんなに早く妊娠しちゃって、大丈夫なのかなっていうのはちょっと自分の中ではあったんですけれど、やっぱり中には「1年間ぐらいは空けたほうがいいって言われたんだ」っていう方もいたので、でも、主治医は「半年でいい」って言っているし、まあいいんだろうっていうふうには思ったんですけれど、うん。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック →

あなたのひと言をどうぞ → ひと言