※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

プロフィール

インタビュー49

診断時:77歳
インタビュー時:83歳(2009年5月)
近畿地方在住。2002年9月、左乳房に小さなしこりを感じ、受診。乳がんと診断され、左乳房切除術、リンパ節郭清と術後5年間ホルモン療法を受けた。手術後、半年で介護中だった夫を見送った。 診断時、夫と2人暮らしで、同じ敷地に息子家族が住んでいる。

詳しいプロフィールを見る

そしたら、先生が笑いながら、「丸が入ってるから、はっきり言いましょう、がんでした」いうておっしゃるんです。そしたら私、「えー、私、がんだったんですか」いうて、笑いもって、夫のことが頭に…、頭よぎりまして、ほれで、涙が…こぼれてね。それで、あのー、自分自身はどうもないんです。もうそれやったら、ああ、しゃあないな、切ってもらわんと仕方ないな思いましたんですけど、夫が帰った、退院したとこだったんで、やあー(状態が)悪いしね、どない思うやろ思ってね。
私もそのときに、それから方々(ほうぼう)、また血液検査とか、またもう一回、あのー、いろんな検査に回ったんです。それ行きながら、もう涙が止めどなく流れましてね、もう恥ずかしくって、看護師さんにも「いや、ごめんなさい。私、ちょっと主人が病気なもんですから」言うて、そういうもって回ったんですね。それで、家帰ってきても、夫には知らせませんでした。
最後まで私はもう、いろんなことをもう始末しといて、行きまして、(入院の)4~5日前になって一番最後に、主人にもう心の準備もしてもらわないといけないので、主人にあのー、言うたんです。そしたら、主人がびっくりして落ち込みましてね。それで、「いやー、お父さん、大丈夫やから」言うて、私がにこにこしとったから、まあ、安心したみたいなんでね。一番最初、私が結果聞きに行った折もね、主人が「どうだった?」って言うんですけどね、私、努めて明るく振る舞って、もう何も言わんと、言葉をテレビのほうへ、話題を変えたり、そうしてしてたんで。ほんで、嫁が「お母さんがくよくよせんと明るうしてくれとってやから、こちらも気が楽や」いって、最後まで言ってくれてました。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック

あなたのひと言をどうぞ

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

array(1) { [0]=> object(WP_Term)#12185 (17) { ["term_id"]=> int(37) ["name"]=> string(36) "家族の思い・家族への思い" ["slug"]=> string(6) "kazoku" ["term_group"]=> int(0) ["term_taxonomy_id"]=> int(37) ["taxonomy"]=> string(8) "category" ["description"]=> string(0) "" ["parent"]=> int(12) ["count"]=> int(42) ["filter"]=> string(3) "raw" ["term_order"]=> string(1) "4" ["cat_ID"]=> int(37) ["category_count"]=> int(42) ["category_description"]=> string(0) "" ["cat_name"]=> string(36) "家族の思い・家族への思い" ["category_nicename"]=> string(6) "kazoku" ["category_parent"]=> int(12) } }
同じテーマの語りを見る