インタビュー内容テキスト

手術のね、1日前に、入院しましたので。ほんで、あのー…、手術の日はね、夜、寝るときに、よく眠らないといけないもんで、私、デパスを飲んでましたんで、デパスをいただいて、それを飲んで。ほんで、下剤、夜も下剤飲んだかな。ほいで、朝と、もう一回下剤飲んで。ほれで、あのー、7時ごろから点滴をされました。それで、そのまま、ベッドで、えーっと、7時半、8時ごろでしたか。7時半か8時ごろに、そのまま手術室へ連れていかれたんです。
ほんで、その手術のときにね、その前日に麻酔の先生から「麻酔は、あのー、点滴の中入れます」いうことだったんです。ほんで、あのー、皆、送っていって、皆、ついてきますわね。ほんで、「ほかの人は、ご家族の方はここで待っていてください」言うて、そこからシャットアウトで、それで、私だけ連れていかれて、入って。で、今度、「点滴、麻酔を入れます」と言って、お薬を入れられた途端に、もう腕がものすごく痛くてね。もう私、本当に、あのー、ロケットがね、白煙を上げてぼわーっと、ああいうふうな感じでした。痛くて痛くてね、思わずね、もう腕が折れそうで。「やめてください、痛い、やめてください」と言うたか、言わなかったか知りませんけど、それから後は分かりませんでした。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック →

あなたのひと言をどうぞ → ひと言