※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

プロフィール

インタビュー49

診断時:77歳
インタビュー時:83歳(2009年5月)
近畿地方在住。2002年9月、左乳房に小さなしこりを感じ、受診。乳がんと診断され、左乳房切除術、リンパ節郭清と術後5年間ホルモン療法を受けた。手術後、半年で介護中だった夫を見送った。 診断時、夫と2人暮らしで、同じ敷地に息子家族が住んでいる。

詳しいプロフィールを見る

もうその夜は眠れなくてね。苦しくて。右腕は時間的に、あのー、何て言うんですか、(自動で)血圧測ってますし。ほんで、もういっぱい管が通ってるんですよね。ほれで、あのー、自分で腰が痛くても動くことできませんし。ほいで、もう腰は痛いし、足は痛いし、もうそーっとね、あのー、体動かして。そしたら、少し楽になったんです。ほれで、夜になったら全然眠れないし、看護師さんに、あのー、お薬を。痛み止めの薬は入れたか入れなかったかね、それ、忘れましたけど、あんまり痛くなかったんですけど、あのー、何ていうんですか。その…、なんやったね。もう、動けないいうこと、腰が一番痛かったですね。ほんで、腰は痛いし、かかとは痛いし、そのうちね、手術着がね、脱げてしまうんですよ。それでね、看護師さんに、ちょっと、もう上寒いから、肩、風邪引いたらいかん思てね、あのー、何していただいたら、今度はかかりすぎて、「あ、すみません。ちょっと、肩、下へ引っ張っていただけませんか」いうて言ったら(笑)、看護師さん、「あんた、肩まで、寒い寒いって、肩までかけるんでしょう?」って。怒られたんですわ。「どないしたらええの」言うて。それで、ちょっとだけ引っ張っていただけたらいいのになー思ったんですけど。まあ、看護師さんも大変やった思います。その日、3人手術した人がいてましたから。ほんで、私が一番元気なもんやから(笑)。
ほんで、痰がね、出るんですよ。そのとき、手術後は。ティッシュの、ティッシュがこう届くところありましたんで、それで、あのー、その何はティッシュ拭くことはできましたけど、うがいをね、看護師さん呼んで、ほいでうがいさせていただいて。その、鼻にね、あれ(酸素)当ててあるでしょ。外れるんですよね。それも動かせないし。ほんなね、息が苦しくなるんです。そしたら自分でね、大きく、腹式呼吸をしたら、だいぶ楽になるんです。あれ、30分おきぐらいですかね。血圧帯がきゅーっと締まるんです。もう、あれは何でしたね、夜は一晩眠れなくて。まあ、何て長い夜やろ思てね。早く元気になって、もう、「あのときこんなんやった」って笑ってね、話できるようになったらいいのにとずっと思いました。一晩、眠れませんでした。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック

あなたのひと言をどうぞ

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

array(1) { [0]=> object(WP_Term)#12188 (17) { ["term_id"]=> int(21) ["name"]=> string(15) "乳房切除術" ["slug"]=> string(7) "setsujo" ["term_group"]=> int(0) ["term_taxonomy_id"]=> int(21) ["taxonomy"]=> string(8) "category" ["description"]=> string(0) "" ["parent"]=> int(10) ["count"]=> int(25) ["filter"]=> string(3) "raw" ["term_order"]=> string(1) "1" ["cat_ID"]=> int(21) ["category_count"]=> int(25) ["category_description"]=> string(0) "" ["cat_name"]=> string(15) "乳房切除術" ["category_nicename"]=> string(7) "setsujo" ["category_parent"]=> int(10) } }
同じテーマの語りを見る