※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

プロフィール

インタビュー49

診断時:77歳
インタビュー時:83歳(2009年5月)
近畿地方在住。2002年9月、左乳房に小さなしこりを感じ、受診。乳がんと診断され、左乳房切除術、リンパ節郭清と術後5年間ホルモン療法を受けた。手術後、半年で介護中だった夫を見送った。 診断時、夫と2人暮らしで、同じ敷地に息子家族が住んでいる。

詳しいプロフィールを見る

「6年過ぎましたからね、あのー、もう先生、6ヶ月に1回か、1年に1回かに、6ヶ月にせめてしていただけませんか」言ったらね、「いや、それはいけません。ここは3ヶ月の予約ですから」言うてね、おっしゃったんです。それで、まあ、諦めて、また行ってたんですけどね。もうやっぱり(送ってもらう)嫁にも気の毒やしね。先生にちゃんと「お世話になりました」言うてね、あのー、お礼言って、先生や看護師さんに、それからお別れしたかったもんですから。もうそやけど、このまま先生、来い来い言うてやるし、行かんとこか思いよったんですけど。ほんで先生がね、「方々(ほうぼう)調べさしてもらいましたけどね、どっこもね、悪くないです」、ほんで、「先生、私もね、努力してるんですよ」いうてね、言ったんですわ。もういいこと、全部してるんです。ほんなら、先生がね、「ああ、いいことや」いうて、「先生、せめて6ヶ月に1回か1年にしていただけませんか」いって言ったらね、先生もう最初、「悪いことを思いなさい。悪かったらどうするんですか」っておっしゃったんですけど、「いや、もう困るから」って言ったから、分かってくださったんですね。「先生、もう私ね、それでもし悪くなってもね、私もう、あのー、後悔しません」言うたんです。「もしね、先生が、あのー、検査に来るようにね、おっしゃってるのに来なくて、悪くなってもね、私、諦めます」って(笑)。それで先生も分かってくださったんです。

――健康に過ごすために何かされていることがあれば、じゃあ、教えていただけますか。

ウォーキングね。ウォーキングと、ほいで、ウォーキング中にね、あのー、私、時々、あのー、吐くほうがいい言うてね。吐く息を4回ほどして、ほいで、すーっと吸うとか、そういうことを繰り返したりね、思い出して。ほれで、腕を振って。それと、食べ物ね。食べ物、気い付けてます。たくさん食べる。それと、よく噛んで、咀嚼。30回噛むようにしてます。そうですね、食べるもの。それとあのー、気持ちを明るくね。もう正直、生きてるうちは、まあ、誰だってちょっとこう嫌なときがあっても、もう前向きに、いい方へ、いい方へ解釈する。そうしたら腹も立ちませんしね。ほれで、やっぱり健康でないとね、あのー、にこにこしていられませんのでね。やっぱり元気やないとね、いけない思いますわ(笑)。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック

あなたのひと言をどうぞ

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

array(1) { [0]=> object(WP_Term)#12128 (17) { ["term_id"]=> int(33) ["name"]=> string(27) "再発予防と体調管理" ["slug"]=> string(5) "yobou" ["term_group"]=> int(0) ["term_taxonomy_id"]=> int(33) ["taxonomy"]=> string(8) "category" ["description"]=> string(0) "" ["parent"]=> int(12) ["count"]=> int(19) ["filter"]=> string(3) "raw" ["term_order"]=> string(1) "0" ["cat_ID"]=> int(33) ["category_count"]=> int(19) ["category_description"]=> string(0) "" ["cat_name"]=> string(27) "再発予防と体調管理" ["category_nicename"]=> string(5) "yobou" ["category_parent"]=> int(12) } }
同じテーマの語りを見る