※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

プロフィール

インタビュー49

診断時:77歳
インタビュー時:83歳(2009年5月)
近畿地方在住。2002年9月、左乳房に小さなしこりを感じ、受診。乳がんと診断され、左乳房切除術、リンパ節郭清と術後5年間ホルモン療法を受けた。手術後、半年で介護中だった夫を見送った。 診断時、夫と2人暮らしで、同じ敷地に息子家族が住んでいる。

詳しいプロフィールを見る

1回手術してから、主人がね、心配しているから言うて、「元気、お母さんの元気な顔見せてあげる」言うて、嫁が一番下の孫と一緒に、主人を連れてきてくれたんです。ほんなら、私ね、自分のことより主人の顔見たらね、涙が出るんです。主人が苦しかったもんですから、そのころね。ほれで、「もうお父さん、私、こんな元気やから、もう大丈夫やから」言うてね、「もう家におって、もう来なくていいよ。安心しとって」言うてね。もう私、主人の顔見たらね、あのー、かわいそうで涙出てくるんですよ。えらい心配してるんだろうな思って。
ほんで、まあ、おかげで、予定どおりに、退院できまして。で、帰ってきましたけど。それからがね、帰ってから私ね、家の…。翌日からすぐね、あのー、当分、嫁に炊事はお願いするつもりやったんですけど、嫁も心配してたんでしょうね。やっぱり私がいない間に、主人がどないかなったら困るから。それで、気も使ったやろ思いますわ。それで、夜はね、主人1人やから、私、心配しよったら、あのー、孫がね、一番上の孫がね、「おばあちゃんのお部屋で私が、あのー、泊まって、おじいちゃん見る」いうて言うてくれたんで。ほしたら、孫やったら、高等学校でしたんで、遅くまで勉強してますし、トイレ行くの下りてきますしね。で、「おじいちゃん」いうて声かけてくれますしね。それで安心でしたけどね。
帰ってからはね、皆ね、私が帰ったらやれやれ思ってね、疲れ出してるんですよ(笑)。1日休みまして。私はね、そやけど、あのー、ほかに悪くないでしょう? ですから、皆もう元気や思ってるんですよ。元気そうにしてますからね。やっぱり主人のこと、心配やったから。そやけど、お鍋でもね、持って炊事するのもね、もうこんなに重いものか思って。両手ないと、片手やったらとてもできないんです。ほいで、ちょっとこう添えるのもね、何でしたしね。で、当分、嫁に、炊事もお願いするつもりやったんですけど、嫁もちょっとこう疲れ出したんかしらん、目がちょっとね、あのー、目やにが出た言うたりするもんですけん、「もう私が、いい私がする」言うてね、したんですけどね。主人と2人の洗濯やら、そんなして、無理したもんですからね、微熱が出て、私自身も、まだ養生しないといけないのに、そういういろんなことするでしょう? ほんなん、もうね、夜中になったら、主人が苦しくなる。ほいで起きてね、片手でこんなして、背中をなでるんですよ。ほんなら、そんなしてたりね、しましたんで。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック

あなたのひと言をどうぞ

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

array(1) { [0]=> object(WP_Term)#12187 (17) { ["term_id"]=> int(37) ["name"]=> string(36) "家族の思い・家族への思い" ["slug"]=> string(6) "kazoku" ["term_group"]=> int(0) ["term_taxonomy_id"]=> int(37) ["taxonomy"]=> string(8) "category" ["description"]=> string(0) "" ["parent"]=> int(12) ["count"]=> int(42) ["filter"]=> string(3) "raw" ["term_order"]=> string(1) "4" ["cat_ID"]=> int(37) ["category_count"]=> int(42) ["category_description"]=> string(0) "" ["cat_name"]=> string(36) "家族の思い・家族への思い" ["category_nicename"]=> string(6) "kazoku" ["category_parent"]=> int(12) } }
同じテーマの語りを見る