インタビュー内容テキスト

ふっと気が付いたら、腕のね、脇の下の痛みで、目が覚めて。ほんで、ちょっと目開けたんです。そしたら、妹と、嫁のお母さんや、で、嫁の顔があったんですね。ほいで、その後、また意識がもうろうとして、あのー、集中(治療)室へ連れて行かれました。
で、皆、すぐ帰ってしまう。(集中治療室から)出てしまうんですよ。私はもっといてほしいのにな思ってね、いろいろ私がしゃべるときは皆ね。もう、最初からこう1分だけ言われとったらしいです、面会はね。ほいで、それ、あのー、そやからすぐ出てしまうんですけど、私はもう主人のときには、ペースメーカー入れてね、そのときは、ずっとそばにおれたもんですから、同じに思ってね。何で出てしまうんやろ思てね、もうさみしくてね。心細いですから。もうそのうちね、かかとが痛くてね。ほいで、片方のかかとだけだったのに、両方のかかとが痛いんですよ。今から考えたらね、足をずっとこう立てていたから、それでだと思うんですけど、そのときは分かりませんし。いや、私、手術中にもしかしてもがいて、ほんで皮が剥けたのかな思って。ほれで、夜10時ごろにね、先生が、あのー、そっと見に来てくださったんです。ほんで、「先生、私、もがいたんでしょうか。足のかかとが痛いから」って。「いや、静かやったで」っておっしゃいましたけど。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック →

あなたのひと言をどうぞ → ひと言