※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

プロフィール

インタビュー49

診断時:77歳
インタビュー時:83歳(2009年5月)
近畿地方在住。2002年9月、左乳房に小さなしこりを感じ、受診。乳がんと診断され、左乳房切除術、リンパ節郭清と術後5年間ホルモン療法を受けた。手術後、半年で介護中だった夫を見送った。 診断時、夫と2人暮らしで、同じ敷地に息子家族が住んでいる。

詳しいプロフィールを見る

ふっと気が付いたら、腕のね、脇の下の痛みで、目が覚めて。ほんで、ちょっと目開けたんです。そしたら、妹と、嫁のお母さんや、で、嫁の顔があったんですね。ほいで、その後、また意識がもうろうとして、あのー、集中(治療)室へ連れて行かれました。
で、皆、すぐ帰ってしまう。(集中治療室から)出てしまうんですよ。私はもっといてほしいのにな思ってね、いろいろ私がしゃべるときは皆ね。もう、最初からこう1分だけ言われとったらしいです、面会はね。ほいで、それ、あのー、そやからすぐ出てしまうんですけど、私はもう主人のときには、ペースメーカー入れてね、そのときは、ずっとそばにおれたもんですから、同じに思ってね。何で出てしまうんやろ思てね、もうさみしくてね。心細いですから。もうそのうちね、かかとが痛くてね。ほいで、片方のかかとだけだったのに、両方のかかとが痛いんですよ。今から考えたらね、足をずっとこう立てていたから、それでだと思うんですけど、そのときは分かりませんし。いや、私、手術中にもしかしてもがいて、ほんで皮が剥けたのかな思って。ほれで、夜10時ごろにね、先生が、あのー、そっと見に来てくださったんです。ほんで、「先生、私、もがいたんでしょうか。足のかかとが痛いから」って。「いや、静かやったで」っておっしゃいましたけど。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック

あなたのひと言をどうぞ

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

array(1) { [0]=> object(WP_Term)#12187 (17) { ["term_id"]=> int(21) ["name"]=> string(15) "乳房切除術" ["slug"]=> string(7) "setsujo" ["term_group"]=> int(0) ["term_taxonomy_id"]=> int(21) ["taxonomy"]=> string(8) "category" ["description"]=> string(0) "" ["parent"]=> int(10) ["count"]=> int(25) ["filter"]=> string(3) "raw" ["term_order"]=> string(1) "1" ["cat_ID"]=> int(21) ["category_count"]=> int(25) ["category_description"]=> string(0) "" ["cat_name"]=> string(15) "乳房切除術" ["category_nicename"]=> string(7) "setsujo" ["category_parent"]=> int(10) } }
同じテーマの語りを見る