インタビュー内容テキスト

セカンドオピニオンで、次の病院に行って、そこで、まあ、いろんな資料をもとに、もちろんそこでも検査、あ、違うわ。先にいろんな資料をもとに、じゃ、今後どうしたいのかっていうことを先生とお話しして、まあ、「その専門の病院で治療を受けたいです。で、手術が必要なら、また手術もします」ということで意思表示して。で、先生が考えてくださって。で、傷跡も確かに汚かったっていうのもあって、「取りあえず検査してみましょう」っていうことで、超音波とかCTとかの検査をして。そしたら、その時点で、「円錐形にこう、がんがあるんだよ。で、今の手術では、上のほうだけが取られてるけれど、本当はこういうふうに取らなくちゃいけないと思います。で、やりますか」っていうことだったので、「やります」。で、「ある程度、取ってしまえば、まあ、抗がん剤の、回数とかも、それに合わせて、やればいいことだから」っていうことで。で、検査の結果で、「じゃあ、手術しましょう」っていうことになりました。
で、その時点では、(勤め先の)保健婦さんと一緒に行って説明を聞いて、で、こちらも質問をしたんですけれど、まだ先生のほうも落ち着いてらして、結構、丁寧に説明してくださった。で、やはり一度やった、手術したものをもう一度手術するっていうのは、やはり、医療者のほう、先生にしても大変なところがあるらしくって、で、かなり、どういうふうにやろうかなってことで悩まれたようですけれど。でも、そのときはとても的確に説明してくださって、で、私も、納得のいく説明だったので。で、1ヶ月後くらいかな。セカンドオピニオンを受けたのが5月、6月かな。6月で、で、7月の末に手術を受けました。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック →

あなたのひと言をどうぞ → ひと言