※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

プロフィール

インタビュー06

診断時:47歳
インタビュー時:51歳(2008年2月)
東海地方在住。2004年、乳がんと診断され、右乳房温存術、追加切除術、抗がん剤治療、放射線療法を受けた。2006年、骨転移で放射線療法と抗がん剤治療を受けた。2007年、肝転移、胸膜転移で抗がん剤治療を開始。金融機関に勤務し、休職と復職を繰り返してきた。治療中に夫と義父を看取っている。

詳しいプロフィールを見る

セカンドオピニオンで、次の病院に行って、そこで、まあ、いろんな資料をもとに、もちろんそこでも検査、あ、違うわ。先にいろんな資料をもとに、じゃ、今後どうしたいのかっていうことを先生とお話しして、まあ、「その専門の病院で治療を受けたいです。で、手術が必要なら、また手術もします」ということで意思表示して。で、先生が考えてくださって。で、傷跡も確かに汚かったっていうのもあって、「取りあえず検査してみましょう」っていうことで、超音波とかCTとかの検査をして。そしたら、その時点で、「円錐形にこう、がんがあるんだよ。で、今の手術では、上のほうだけが取られてるけれど、本当はこういうふうに取らなくちゃいけないと思います。で、やりますか」っていうことだったので、「やります」。で、「ある程度、取ってしまえば、まあ、抗がん剤の、回数とかも、それに合わせて、やればいいことだから」っていうことで。で、検査の結果で、「じゃあ、手術しましょう」っていうことになりました。
で、その時点では、(勤め先の)保健婦さんと一緒に行って説明を聞いて、で、こちらも質問をしたんですけれど、まだ先生のほうも落ち着いてらして、結構、丁寧に説明してくださった。で、やはり一度やった、手術したものをもう一度手術するっていうのは、やはり、医療者のほう、先生にしても大変なところがあるらしくって、で、かなり、どういうふうにやろうかなってことで悩まれたようですけれど。でも、そのときはとても的確に説明してくださって、で、私も、納得のいく説明だったので。で、1ヶ月後くらいかな。セカンドオピニオンを受けたのが5月、6月かな。6月で、で、7月の末に手術を受けました。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック

あなたのひと言をどうぞ

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

array(1) { [0]=> object(WP_Term)#12193 (17) { ["term_id"]=> int(20) ["name"]=> string(15) "乳房温存術" ["slug"]=> string(5) "onzon" ["term_group"]=> int(0) ["term_taxonomy_id"]=> int(20) ["taxonomy"]=> string(8) "category" ["description"]=> string(0) "" ["parent"]=> int(10) ["count"]=> int(20) ["filter"]=> string(3) "raw" ["term_order"]=> string(1) "0" ["cat_ID"]=> int(20) ["category_count"]=> int(20) ["category_description"]=> string(0) "" ["cat_name"]=> string(15) "乳房温存術" ["category_nicename"]=> string(5) "onzon" ["category_parent"]=> int(10) } }
同じテーマの語りを見る